夜の陸っぱりエギング釣行で1.4kgアオリイカ 潮流れある場所でヒット

夜の陸っぱりエギング釣行で1.4kgアオリイカ 潮流れある場所でヒット

4月中旬、まだまだ釣れそうな潮だったので天草・鬼池にエギングへ。上げ止まり前の時間に狙って釣行、見事にアオリイカ1.4kgをキャッチしたのでその様子をレポートしよう。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

アオリイカ狙いエギング釣行

天草・鬼池港に着いたのは午後9時30分。ここ最近、上げ止まり1時間前からよく潮が動き、そのタイミングでパタパタと釣れているため夕マヅメは捨てて潮流に合わせて入るようにした。

夜の陸っぱりエギング釣行で1.4kgアオリイカ 潮流れある場所でヒットエギングタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

潮流れると本命ヒット

まずはど真ん中からキャストして流れ、圧などを確かめる。「潮位は十分だけど、流れ、圧ともにまだまだだな」。それから30分もしないうちに「若干だが左に流れ始めたな、そろそろか」。

10時を少し回ったところでいい感じに。いったんエギを回収して左側に入り真正面に遠投。エギの頭をこちらに向けて流れに乗せていると右手人差し指に掛けていたラインにトッ……イカパンチ。ひと呼吸おいて乗った。流れあるから重いが大きくはない。ドラグを緩めることなくロッドのしなりだけで寄せて無事にネットイン。写真を撮って次を狙う。

アオリイカ1.4kg浮上

今度は右側。潮の動きだす場所だからか左側より強くない。3投ほどし、圧がそれほど感じなかったために最大限に圧が掛かる場所を求めズレる。

「あら、ここめちゃくちゃいい、最近じゃ一番いい圧、ドリフトさせよう」。シャクリとラインメンディングを織り交ぜながら圧からズレないようドリフトさせ、いつでもアワせられるように構えていたらサオ先に重みが乗り、グーッ。

「ほら、やっぱりいた、良型!」掛けた瞬間分かる重量感で、とっさに1kgアップと判断してドラグを緩める。ジッジィー「これよ、これ、春は。ゆっくりゆっくり、慌てない」。アオリイカが寄ってきたのを確認してライトを当てると、ジッジィー。「そらライト当てたら走るよな」。完全に横になったのを確認してネットイン。「お~、1.5kgはないな」。計測すると1.4kgのオスのアオリイカ。

写真を撮って次を狙おうとキャストするが、処理中に潮が枯れてしまっていた。下げ潮にも期待して1時間ほど粘ったが潮が動く気配がなく、ここで帰路に就いた。

夜の陸っぱりエギング釣行で1.4kgアオリイカ 潮流れある場所でヒット力強いファイトを楽しませてくれた1.4kg(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
天草・鬼池港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年5月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。