春のタイラバ釣行で74cm大ダイをキャッチ 船中80cm超えも顔出し

春のタイラバ釣行で74cm大ダイをキャッチ 船中80cm超えも顔出し

乗っ込みマダイのシーズン真っ盛り。今年はよく釣れているとのことで、福岡県伊崎漁港発のマリブエクスプローラーを利用し、80cmオーバーの大ダイを目標にチャレンジです。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 赤堀泉)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

大型マダイ狙いタイラバ釣行

4月23日、伊崎漁港より出船のマリブエクスプローラーにお世話になりました。船長によると、ここ連日80cmオーバーのマダイが釣れているとのこと。今日こそ私が釣るぞー!と意気込みます。

5時30分に出船し快適な船内でポイントに着くまでは熟睡します。いつもより近場のポイントからチャレンジです。

朝イチの水深は40~60mのポイントから始め、タイラバ(鯛玉)は100gから開始しました。風は朝方残っていたもののベタナギで、天気は曇りで小雨もパラついていたものの春らしい暖かい釣りびより。魚探にはたくさんの魚が映っています。

期待を込めて開始しました。私は、タイラバの基本に立ち戻りシンプルにということで、赤ネクタイのみから始めることにしました。

春のタイラバ釣行で74cm大ダイをキャッチ 船中80cm超えも顔出しタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 赤堀泉)

74cmメスマダイ浮上

この日は、潮がゆるく鯛玉が真っすぐ下に落ちます。期待とは裏腹にアタリがなかなかありません。巻きスピードをいろいろ変化させてみます。そして油断していたその時、コツンコツンと小さなアタリ。緊張を抑え、冷静に巻き続けます。

すると、ドラグがジジジジジーっとなり、乗りました。サオから伝わってくる重量感に大物であることを確信。テンションを抜かないように最後まで気が抜けません。

今まで何度かバラシを体験しているので、上がってくるまでは慎重に巻きます。ようやく水面に顔を見せてくれたのは、きれいなメスの個体。無事にネットインして計測すると74cm。目標の80cmには届きませんでしたが、大ダイゲットにうれしい1尾。その時間帯に同船者にもバタバタとマダイが釣れました。

春のタイラバ釣行で74cm大ダイをキャッチ 船中80cm超えも顔出し大ダイに笑顔の筆者(提供:週刊つりニュース西部版 赤堀泉)

ゲストにアオナ登場

魚探を見ると大きな魚体が中層にもチラホラ現れています。船長より「しっかり中層まで巻き上げて」とのアドバイス。最近は結構中層でのアタリも多いようで、範囲を広く探ることでチャンスが広がります。

朝の活性も一段落し、場所移動します。今度は水深80~100mラインに移動。無風&ナギで釣りやすいのですが、仕掛けが真下にしか落ちず、ゆっくりした潮の動きで厳しい状況。

何度も巻いているとコツンコツンとアタリます。そのまま我慢して巻き上げると、マダイ独特の叩きがないので何かなと楽しみに巻きます。上がってきたのはデカいアオナでした。これはうれしいゲストです。

次のページで同船者が82cmキャッチ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。