釣り人的「アジ定番レシピ」:アジの一夜干し 三枚おろしで作成

釣り人的「アジ定番レシピ」:アジの一夜干し 三枚おろしで作成

夏にノッコミを迎えるアジ。群れに当たると、数釣れるところが嬉しい。たくさん釣れた時は、いろんな料理にも挑戦できる。今回は「アジの一夜干し」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

持ち帰り方

釣れたアジはハリから外し、そのままクーラーに入れる。絞めなくても潮氷にしておけば、鮮度が保てる。

自宅での下処理

持ち帰ったアジは頭とワタを取り、腹側をよく水洗いする。すぐに調理しない場合はキッチンペーパーに包み、ラップをかける。

これを冷蔵室内のチルドに入れておけば、生食で3~4日、加熱用で一週間ほど持つ。

さばき方

次にさばき方を紹介する。今回の一夜干しは3枚におろす。一般的には背開きにしていくが、20cmほどの小型なら、大名おろしが簡単でラク。おろしたあとは、腹骨だけ取っておくと、かなり食べやすい。

釣り人的「アジ定番レシピ」:アジの一夜干し 三枚おろしで作成3枚におろす(提供:TSURINEWSライター松田正記)

裏ワザ

3枚におろした身は尾っぽ近くのゼイゴ(ギザギザ)を取る。その際にちょっとした裏ワザがある。

まず皮を剥ぐ要領で、ゼイゴから包丁を入れていく。包丁をしっかり寝かせるのがコツだ。ゼイゴまで包丁を入れたら、その部分だけ切り落とし、ほかの皮は剥がずに取っておく。皮をとっておくことにより、焼き上がりの食感がいいうえ、香りがグンと増す。

軽く塩を振る

ゼンゴを取ったアジは食べやすい大きさにカットする。魚の大きさにもよるが、20cmほどなら、2~3等分。30cm前後あれば4~5等分にするといい。

カットしたアジは軽く塩を振り、あとは最後の工程のみ。

次のページで2番目の裏ワザは「冷蔵庫で干す」?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。