【2022年】フロートリグを使った浅場のメバリング入門解説

【2022年】フロートリグを使った浅場のメバリング入門解説

海水温の上昇とともに、生き物の活気にあふれる春の海。そんな春の活気を知らせるように、春告魚と呼ばれるメバルも徐々にアフタースポーンから回復し、第2のシーズンが到来した。今回はそんなシーズン真っただ中の福井県のシャローエリアの春メバル攻略法を紹介していこう。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 山根嶺河)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

春メバル釣りタックル&装備

春メバルのタックルと装備について紹介しよう。

ロッド

この時期のシャローエリアは、手前がウィードで覆われていることが多い。そのため飛距離を稼ぐことができる8~9ft台の磯メバルロッドを用意しよう。また専用ロッドがない場合は、ライトなエギングロッドなどでも代用は可能だ。

【2022年】フロートリグを使った浅場のメバリング入門解説飛距離を稼げる8~9ft(提供:週刊つりニュース中部版 山根嶺河)

リール

ファイト時のドラグ力や巻き取り量を重視するため、ポピュラーな2000~2500番台を用意するといいだろう。

ギア比は繊細なアクションができるノーマルギアがお勧め。ドラグ設定だが、この時期はウィードが多く、少しでも油断すると突っ込まれてバラシやラインブレイクの可能性があるため、ラインを出さないようしっかり締め込むようにしよう。

ライン

ウィードが生い茂るフィールドでの釣りになるため、メインラインはPEライン0.5~0.8号辺りの強度のあるもの。遠投するので、150~200mほど巻いておくと、もしものときに安心だ。

リーダー

リーダーはフロロカーボンラインの1.5~2号を70cm~1.5mほど。フィールドに応じて適切な長さや太さを使い分けるといいだろう。

使用リグ

主にFシステムによるフロートリグだ。結束時にリーダーの余りイトを8cmほど作り、10~15gほどのフローティングタイプのフロートをセットする。ジグヘッドには0.3~0.6gの太軸のもの。

【2022年】フロートリグを使った浅場のメバリング入門解説リーダーの余りイトにフロートを結ぶFシステム(提供:週刊つりニュース中部版 山根嶺河)

またジグヘッドの結束にループノットを用いることで、よりなまめかしい動きを演出することができる。

【2022年】フロートリグを使った浅場のメバリング入門解説フロートは10~15gがメイン(提供:週刊つりニュース中部版 山根嶺河)

装備

メバリングは基本的にナイトゲームがメインのため、明かりをともしてくれるヘッドライトは忘れずに持っていこう。また夜の明かりは生命線であるため、万が一に備えて予備のヘッドライト、電池、バッテリーなどがあると心強いだろう。

そして忘れてはいけないのが、安全を守るためのライフジャケットだ。自動膨張タイプの場合、岩などに擦れて破れる可能性もあるので、必ずゲームベストタイプを用意しよう。

次に磯場はノリやカキ殻など、さまざまなものが付着している。そのため手を守るグローブやスパイクシューズ、特に滑り止め効果の高いフェルトスパイクソールのものを選ぶといいだろう。

【2022年】フロートリグを使った浅場のメバリング入門解説フェルトスパイクソールのものがおすすめ(提供:週刊つりニュース中部版 山根嶺河)

また魚との距離を近づけたい場合には、ウェーディングも1つの手だ。必要に応じてウェーダーを用意しよう。そしてもしものときの連絡手段としてスマホなど携帯電話や、これからの時期は気づかないうちに脱水症になりやすくなっているため、飲み物などは忘れずに持っていくようにしよう。

他にも絶対必要というわけではないが、あると便利なものとしては持ち手の短いラバーランディングネットやイトクズワインダー、メジャーなどが挙げられる。

次のページで「ワームの選定」と「ポイントの探し方」を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。