陸っぱりライトゲームでアジ&メバル ワームとプラグにヒット

陸っぱりライトゲームでアジ&メバル ワームとプラグにヒット

4月9日、産卵後のアジを狙って山口の周防大島へプログレチーム広島の向井君が単独釣行した。中層レンジで20cm級がヒットするタイミングがあり、アジの気配がなくなってからはプラッギングでメバルもゲット。ライトゲームを楽しんだ釣りの模様をリポートする。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

周防大島でライトゲーム釣行

当日の潮回りは小潮、午後8時13分が干潮だったので上げ潮を狙って土居へ釣座を構えた。予想通り、潮の干満差がなく、潮切れが悪い。それゆえ、できるだけ潮通しが良いポイントを探りながらキャスティングとリーリングを繰り返す。

陸っぱりライトゲームでアジ&メバル ワームとプラグにヒットタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

釣り開始はバグパレットサーチ1.5gにアジミルクストリーマー2.0inchを付けてとりあえずフリーフォールさせ、カウント6ぐらいから再度ドリフト。

23cmの良型アジヒット

すると、微妙なアタリが出たので軽くフッキングしてみた。どうやら中層のレンジが良かったのか丸々太った23cmのアジがヒットしてきた。

陸っぱりライトゲームでアジ&メバル ワームとプラグにヒット良型アジ手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

その後同じパターンで数尾をキープしたが、その潮も利かなくなり少しポイントを休めることにした。

20cm超えアジが痛快ファイト

ここで場所の移動も検討したが土曜日ということもあって、自分のお気に入りのポイントは釣り人で満員御礼と判断し、結局、当日はこの釣り場に腰を下ろし、じっくりポイントを攻略することにした。

気を取り直してそれまでのヒッティングポイントから沖めにジグを遠投し、着底してはティップでジグにアクションを付けてアジミルクストリーマー2.0inchのピンテールの波動を起こすことによって先ほどの個体を上回る24cmがヒットしてきた。

しかしなかなか潮が走ることはなく相変わらずダラダラと流れる感じ。その中でも少しボトムだけ潮が利くタイミングがありそこへジグヘッド単体を送り込んでやるとアタリが来た。先ほどと同様の24cmのアジをキャッチできた。

プラグでメバル3尾ゲット

その後もあまり潮が走ることもなく今度はアジの気配がなくなった。その代わりメバルがゲストに加わってきたので、月下美人の零示威の小型プラグでプラッギングを楽しみながら3尾のメバルをゲットし納竿とした。

陸っぱりライトゲームでアジ&メバル ワームとプラグにヒットプラグでメバルもゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・川原直毅)

これから気温も水温も上昇するのでアジとメバルのアタリも増えてきて楽しい季節になるだろう。

<週刊つりニュース西部版APC・川原直毅/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
周防大島・土居
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年5月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。