初夏の堤防アジ釣り解説 【タックル・仕掛け・場所選び・釣り方】

初夏の堤防アジ釣り解説 【タックル・仕掛け・場所選び・釣り方】

初夏に旬を迎えるアジ。このころはノッコミ期にあたり、脂がのって最高に美味しい。今回は「堤防から釣るコツ」などを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

ノッコミアジ釣期

堤防のアジは1年を通して狙えるものの、ノッコミにあたるのは初夏。このころは浅場に寄ってくるため、釣りやすい。特に夜釣りでの実績が高く、オキアミ生をエサにした電気ウキ仕掛けで狙う。

型は20~25cmあり、時折30cm級が交じる。潮次第ではメバルやセイゴなどの他魚がくるところも嬉しい。

タックル

初夏の堤防アジ釣り解説 【タックル・仕掛け・場所選び・釣り方】タックル図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

タックルは磯ザオ&小型スピニングがいいが、釣り具店にある安価なセットものでもOK。その場合は波止ザオ4.5mの先調子に、小型スピニングリールが付いたものを選ぼう。

初夏の堤防アジ釣り解説 【タックル・仕掛け・場所選び・釣り方】アジのタックル(提供:TSURINEWSライター松田正記)

仕掛け

仕掛けはウキ止め糸、シモリ、電気ウキ、サルカン、ハリス、ハリの順で装着。これらを仕掛け巻きにセットし、現地でエサを付けるだけにしておくとラクだ。ハリスは1.5号、ハリはチヌの2号がベスト。これだと思わぬ大物にも耐えられる。

初夏の堤防アジ釣り解説 【タックル・仕掛け・場所選び・釣り方】ハリス1.5号にチヌバリ2号の組み合わせがベスト(提供:TSURINEWSライター松田正記)

エサ

まきエサは赤アミ4分の1に、パン粉2kgを混ぜ、海水で硬さを調整する。つけエサはオキアミ生Ⅿサイズが8分の1もあれば十分だ。

次のページで基本的な釣り方を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。