メバルプラッギング中級解説 狙うレンジ毎オススメルアーと攻略法

メバルプラッギング中級解説 狙うレンジ毎オススメルアーと攻略法

メバルのプラッギングでは、40mm程度の小さなミノーやクランクのようなルアーを使うことが多い。メバリングで大事なのはレンジで、それぞれのルアーには潜行レンジが設定されている。ここでは、メバルプラッギングにおける、レンジ別のルアーの使い方を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバルでプラグを使う理由

まず、ワームでイージーなメバルにあえてプラグを使う理由について考えたい。

まずは高活性時だ。魚が食い気マンマン、ライズしているような状況で、高活性ショートバイトになりがちなときには、ジグ単だとメバルは結構しとめにくかったりする。こういうときにはハリ数が多いプラグが優先的な釣りとなる。

メバルプラッギング中級解説 狙うレンジ毎オススメルアーと攻略法プラグでメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

また、メバルがレンジにシビアなときにも、プラグを使うと釣果が出やすい。本当にド表層にしか出ないとき、特に遠投した先のオープンの表層にしか出ないときには、ワームではド表層のスローなレンジキープやリトリーブができないので苦労する。その点、潜行レンジが設定されているプラグでは、任意のレンジをワームより正確に引くことができるアドバンテージが大きい。

プラグの長所と役割

メバリングにおけるプラグの長所は、何より「レンジキープ力」だろう。アジングをたしなむアングラーはある程度ジグヘッドでもレンジキープの釣りができるだろうが、浮力のあるPEラインと7ftくらいの比較的長めのレングスのサオを使うメバリングだと、軽量ヘッドの操作性は非常に低くなり、ジグ単の釣りでレンジキープすることが難しくなる。

その点、プラグは、そのルアーにそもそも潜行レンジが設定されている。たとえば、この画像のルアーは、一切沈まないタイプのものだ。

メバルプラッギング中級解説 狙うレンジ毎オススメルアーと攻略法沈まないミノー(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メバルがド表層で、主にプランクトンパターンで出るときには、投げて放っておいて、とろっとサオ先の操作で動かしたときにバイトがくる。放っておいても沈まないので、レンジキープが簡単だ。

メバルプラッギング中級解説 狙うレンジ毎オススメルアーと攻略法表層のプランクトンパターンに強い(提供:TSURINEWSライター井上海生)

このようにメバルのプラッギングは、ワームでは細部が詰められないレンジをより細かく見て釣っていく上で強い。そこで、メバリングの中心となるド表層、またほんの少し沈めたところや、ボトム上くらいまで探れる、三種類のルアーを用意しておくといいだろう。

3つのルアーを持ってプラッギング

まずは、上でも紹介した、ド表層オンリーのプラグだ。上のものは特にアクションしないタイプのルアーだが、多少の波動を起こすタイプのミノーもある。繰り返しになるが、高活性なプランクトンパターンや、またオープンに投げた先のド表層の群れを狙うときに役立つ。

次に、シャローレンジ潜行タイプのプラグ。ちょっとしたリップがついていて、水かきしながら水面下60cmくらいを探る。ナイトメバルは表層から表中層くらいにつくので、ちょっと表層から入ったところで様子を見ている群れや、波動にバイトしてくる群れにはシャローレンジ潜行のミノーやマイクロクランクが効く。この手のものは、巻くと沈むように作られているので、こちらの使い方次第で表層の止めの釣りもでき、汎用性が高いともいえる。

メバルプラッギング中級解説 狙うレンジ毎オススメルアーと攻略法シャローレンジ潜行は汎用性が高い(提供:TSURINEWSライター井上海生)

最後に、中層以下を攻めるプラグだ。小さなシンキングペンシルを使うといいだろう。または、マイクロメタルジグを使用する手もある。ナイトメバルのボトムはあまりないような気がするが、たとえばスリットに入っている警戒心の高い良型や、プレッシャーがかかってレンジの下がったベイトフィッシュパターンの群れを狙うときに使うといいだろう。

メバルプラッギング中級解説 狙うレンジ毎オススメルアーと攻略法小さなシンペンでメバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

オープンの攻略にはプラグ

メバルは堤防のキワのトレースが基本だが、常夜灯の切れ目の「暗」を狙うなど、オープンに投げて釣るシチュエーションも多々ある。そしてオープンに投げると、海の状況によってはワームではアピールが小さくて魚に見つけてもらえないことも多い。ボリュームやシルエットやラトル音などでメバルにルアーを見つけてもらいやすいプラグは、いくつかあると重宝する。

<井上海生/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。