相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイ

相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイ

4月17日(日)、相模湾茅ケ崎のちがさき丸から、タイ五目釣りの様子を取材した。良型クロダイにメジナやホウボウ、何が釣れるかワクワク感いっぱいの釣りで、終了間際には本命マダイも登場!多彩に釣れた当日の釣りの模様をリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ちがさき丸でタイ五目釣り

ちがさき丸ではこの日タイ五目以外に、イカやアジ、泳がせ根魚五目の船が出船。5時半、すでに多くの釣り人が船宿に集結していた。

まずは釣り物の札の前に荷物を並べ、順次受け付けを済ませる。エサや氷を受け取り、クーラーなどの荷物をトラックの荷台へ。徒歩1、2分の船着場へ移動し、それぞれ釣り座へ荷物を積み込む。

相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイタックル図(作図:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

6時すぎ、米山翔太船長から仕掛けの説明やトイレなどの案内があり、11人を乗せて出船。台風の影響がわずかに残り若干ウネリのある中、船は真沖に向かって走る。

朝イチはイマイチ

15分ほどでポイントに到着。「水深65m、上から55mで」と指示ダナのアナウンスを受け、釣り開始。

まずは仕掛けを指示ダナより5m下まで落とし、オキアミを8割詰めたビシを2~3回振りながら指示ダナまで上げてくる。

コマセを効かせるべく、こまめに仕掛けを投入し直すが、船中アタリなくエサ取りもいない静かな時間が続く。

「この朝イチのポイントで釣れないと、その日の釣りは厳しくなる」という常連たちの言葉通り、8時を過ぎてガンゾウビラメ1尾となかなか渋い。

「みんな言い訳を考え始める時間だね」と楽しそうに話すのは、仲乗りの通称まっちゃんじぃじ。「ここでは、東に流れる潮を”カシマ潮”、西に流れる潮を”わ潮”と言います。ポイントには魚礁が連なっていて、シラスがたくさんいます」

クロダイ筆頭にヒット

茅ケ崎沖について教わっていると、右舷トモの後藤孝さん(藤沢市)の竿が大きく曲がった。8時半、この日はじめての大きなアタリは40cmのクロダイ。

相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイクロダイが上がった(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

続いて、常連たちからも一目置かれる右舷ミヨシの藤枝隆之さん(所沢市)が良型のメジナをキャッチ、その後も良型のオオモンハタを連釣する。

相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイ良型のメジナもゲット(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

40cmウマヅラ登場

「釣れない時間はハリスを6mから10mに変えてみたよ」と話す左舷トモの森純一さん(世田谷区)の竿も大きく曲がり、またもや40cm級のクロダイが上がった。

「タナをいろいろ変えて試していた」という岡部昇彦さん(厚木市)には40cmのウマヅラがかかり、いつしか船内は賑やかに。

相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイ40cmウマヅラキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

ホウボウにイシダイもゲット

相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイ重量級手中(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

五目釣りの多彩な魅力はまだまだ終わらず、正午を過ぎるとあちこちで40cm級メジナが取り込まれ、森さんが30cmのホウボウを釣ったかと思えば、今度はイシダイも。

相模湾タイ五目釣りで多彩魚種 マダイ他クロダイにメジナにイシダイ嬉しいゲストも(提供:週刊つりニュース関東版 江藤沙織)

次のページで良型メジナ続々&待望の本命も!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。