玄界灘の沖五目釣りでアオナにタカバに40cm級アマダイ手中

玄界灘の沖五目釣りでアオナにタカバに40cm級アマダイ手中

4月5日、福岡県宗像市・大島の第二大福丸(古賀船長)で玄界灘の沖五目釣りに釣行した。終盤は二枚潮に苦戦したが、レンコ1人平均8尾、アオナはトップ釣果で12尾、あとは1人4~6尾でアマダイ2尾、タカバ釣る人5尾と沖五目を満喫した釣行をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

第二大福丸で五目釣り

午前3時30分、釣友の佐田さんを迎えに行き、神湊港には4時30分に到着。ほかの乗船者らも集まっており、メンバーは左右田さん、中溝さん、元嶋さん、佐潟さん、藤野さん、井上さんだ。

4時すぎに船が来て、エサを受け取ってから出船し、ポイントに到着して仕掛けを組み終えたら釣り開始。すると、1投目からアタリがでた。私は追い食いをさせるので、アタリがでるたびにアワセを入れて巻き上げるとアオナ300~500g級がトリプルで釣れた。

玄界灘の沖五目釣りでアオナにタカバに40cm級アマダイ手中藤野さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

当日の仕掛けとエサ

その後、移動をしながら新しい群れを探しての釣りになり、船長は魚探を見ながら投入の合図を送る。また、小アジを用意してくれていてので、仕掛けの一番下のハリにそれをつけて釣るよう指示が出た。

私はアマダイとアオナ釣るため、仕掛け(4本バリ)の上バリ2本には冷凍エビ、下から2番目に小アジ、一番下にミミイカをつけてみた。

玄界灘の沖五目釣りでアオナにタカバに40cm級アマダイ手中タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

アオナが好調

釣っていると仕掛けが根掛かりしたような感じがしたので、サオを大きくあおってみるとズシンとしたアタリがでた。アオナの場合、海底から10mまではいい引きで抵抗をしてくれるが、それから海面まではすんなり上がってくる。

この日の潮は、ミヨシから流れてくるのでアタリがでてくるのはミヨシから。それも朝のうちは右舷ミヨシでアオナが釣れ始めたが、10時をすぎたころからは左舷ミヨシでアオナがアタってきた。

左舷ミヨシから5人全員にアオナの1.5~2kg級が釣れていた。話を聞くと「小アジに食ってきた」とのこと。

玄界灘の沖五目釣りでアオナにタカバに40cm級アマダイ手中佐田さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

最初に元嶋さんが大きな声で船長を呼んでいたので、様子を見るとアオナ1.8kgを佐潟さんにすくってもらっていた。

私のところに佐潟さんが来て、「小アジはどこのハリにつけているのか」と聞いたので、下から2番目に掛けていると伝えた。すると、「私も下から2番目につけてみます」と言い、それから間もなくしてサオが曲がりアオナの1.6kgを掛けていた。

良型アマダイも登場

11時すぎ、私のサオに小さなアタリがでたのでアワせるとサオに乗り、強い引きでリールからミチイトを引き出す。凄まじい抵抗で上がってきたのはアマダイ52cm級だった。

また、左舷船尾の井上さんにもアタリがでて、上がってきたのはアマダイ40cm級だった。

玄界灘の沖五目釣りでアオナにタカバに40cm級アマダイ手中井上さん(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

次のページで二枚潮に苦戦した午後の釣りと最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。