ちょい投げキス釣りで18cm頭に9匹 本格シーズンに期待大

ちょい投げキス釣りで18cm頭に9匹 本格シーズンに期待大

4月6日、海水温も上がってきたので、そろそろちょい投げでキスが釣れないかと、紀北田ノ浦漁港へ釣行した。まだハシリの段階で、アタリがあってもハリ掛かりしない時があったが、18cmを頭に9匹の釣果を得たので、その模様をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 投釣り

ちょい投げキス釣り

4月に入り気温が上がってきて、海水温も上がってきた。 こうなってくると、紀北エリアの投げ釣りで狙うキスの釣れ始めが、いつになるか気になるところだ。そこで4月6日、和歌山市の田ノ浦漁港に、調査を兼ねて釣行してみた。

田ノ浦漁港内にある、有料駐車場に着いたのが、午前5時ごろだった。最近は、夜明けが早くなってきて、もうすぐ夜が明けるころだ。シーズン初期は港内向きで釣果が見込めるので、港内向きを狙ってキスの居場所を探していくことにした。

港内向きではカタクチイワシが釣れているので、夜明け前から釣り座を取ってサビキ釣りをしている釣り人で賑わっている。大波止の先端寄りの港内向きには空きスペースがあるので、そこに釣り座を取った。

ちょい投げキス釣りで18cm頭に9匹 本格シーズンに期待大田ノ浦の釣り場風景(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

開始早々アタるも食い込まず

15号の遊動KAISOテンビンにキスバリ8号の2本バリ仕掛けをセット。エサのイシゴカイをハリに付け、港内をちょい投げで探ってみた。30mほど港内向きに投入し、ゆっくりと引き釣りをする。すると、ブルッとキスのアタリがあった。誘いの手を止めて次のアタリがあるまで待つが次のアタリはなく、仕掛けを回収するとハリ先のエサだけ食われていた。まだハシリの段階で、エサの食い込みが悪そうだ。

カタクチイワシの群れが足元を通り過ぎ、近くの釣り人がサビキ釣りでイワシを連で釣り上げている。

本命15cm登場

新しいエサを付けて投入し、ゆっくりと誘いをかけていると、ブルッとアタリが出る。誘いを止めると、またブルッとアタリがきた。イトを張りサオ先で聞いてみると、グッグッと魚信が伝わる。これはハリ掛かりしているみたいなので、サオを立て巻きアワセの要領でリールを巻いてくると、グングンと魚の引きが伝わる。やがて海面に浮上したのが、本命の15cmのキスだった。

次に同じポイントに投入すると、またブルッとアタリが出る。次のアタリが来てから寄せにかかると、うまくハリ掛かりし、12cmクラスのキスがダブルで釣れてきた。

ちょい投げキス釣りで18cm頭に9匹 本格シーズンに期待大ダブルヒットも(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

快晴・無風で、絶好の釣り日和になってきたが、その後キスのアタリはなくなり、小型のハゼがダブルで釣れてきた。また、サオ下の敷石周りまで探っていると、ゴンゴンと重々しいアタリがあり、20cmクラスのイソベラが釣れていた。

ちょい投げキス釣りで18cm頭に9匹 本格シーズンに期待大敷石周りでヒットしたイソベラ(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページで港内を探り拾い釣り

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。