海上釣り堀でマダイ好捕 少年アングラーはヒラマサ&カンパチ手中

海上釣り堀でマダイ好捕 少年アングラーはヒラマサ&カンパチ手中

4月初旬、ふと週刊つりニュース本紙のバックナンバーを見ていると、海上釣り堀の釣果写真が目に止まった。三重県・南伊勢町迫間浦にあるハルキチ屋では、カンパチやヒラマサをメインに放流しているようで、これは行かねばと思い立って4月4日に釣行することにした。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

ハルキチ屋で大物狙い

店主の井村さんに確認すると、当日1マスは貸切が入っているため、私はもう1マスの方に入ることになったが、他に乗合客がいなかったためぜいたくにも1人貸切という状態に。

これは釣らねばと、気合を入れて午前6時すぎに現地に到着。早々に井村さんも到着して開門となり、私は右側のイケスに入った。左側のマスには滋賀の田口さんファミリーが貸切で、春休み中のジュニアアングラーの姿も見える。

まずはマダイ狙いでキャッチ

私も早速マダイ狙いから開始。ウキ釣りかミャク釣りか迷ったが、縦に広く探れるミャク釣りから開始することにした。赤青一撃だんご雷を付け、底から1m上までを探ってみる。

海上釣り堀でマダイ好捕 少年アングラーはヒラマサ&カンパチ手中ミャク釣りで見事に食わせた(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

1人貸切のメリットを生かし、丁寧に探り歩くが反応は得られない。魚は中央の深みかと、ここでウキ釣りにチェンジする。マルキユーのくわせきびなごを半分にカットし、ハリに刺してイケス中央に投入。

海上釣り堀でマダイ好捕 少年アングラーはヒラマサ&カンパチ手中マダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

仕掛けがナジむと同時にウキに反応が出た。完全に沈み込んだタイミングでアワせると、確かな手応えが伝わった。最初の1匹なので丁寧にやり取りし、ネットに収めたのは食べごろサイズのきれいなマダイだ。

泳がせで青物を狙う

さらに赤青一撃だんご雷で1匹を追加。この1匹を浮かせてきた時、後ろに青物がついてくるのが見えた。その後アタリが遠のいたので、ここでいったん青物狙いに切り替える。活きイワシを付けて投入すると、ブルブルとウキが小刻みに震える。青物が近づいてイワシがおびえているようだが、なかなか口を使ってくれない。

海上釣り堀でマダイ好捕 少年アングラーはヒラマサ&カンパチ手中こちらはマダイをゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

サンマのぶつ切り、くわせきびなごなどのデッドベイトに変えてもやはり反応はない。

ジュニアアングラーが見事青物ゲット

ここで隣のイケスから歓声が上がった。見るとジュニアアングラーの田口君が青物とファイト中だ。隣ではおじいちゃんがアドバイス。「魚が引っ張ってるときは無理に巻くな!止まったら巻け!」とタモを持って事細かに指示を飛ばす。

海上釣り堀でマダイ好捕 少年アングラーはヒラマサ&カンパチ手中おじいちゃんがアドバイス(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

そして数分の格闘の末に取り込まれたのは、見事なヒラマサだ。私も負けじと青物狙いで粘るが、なかなかアタリが遠い。時折マダイ狙いに変えて数匹は取り込んだが、やっぱり青物がほしい。

海上釣り堀でマダイ好捕 少年アングラーはヒラマサ&カンパチ手中息ぴったりのランディング(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

次のページでさらに大カンパチがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。