ハゼ釣り攻略:ブッコミ釣りとハゼクランクで楽しむ!【キホン解説】

毎年この時期恒例の特集になっているハゼ。コアなファンからファミリーまで楽しめるターゲットであり、イージーに釣れる反面意外に難しいところもある。今回は最近ブームのルアーで狙うハゼ(ハゼクラ)も含めて、楽しいハゼ釣りを紹介しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ハゼ釣りのシーズン

ハゼのシーズンは意外に長い。夏から秋にかけてが最盛期だが、名古屋港や四日市港など、港湾部の深場では11月に入っても20cm近い良型が釣れる。いわゆる落ちハゼというやつだ。

開幕はゴールデンウイーク明けごろで、このころはまだ5~6cmの新子サイズ。釣りのターゲットとして狙えるサイズになるのは、6月後半から7月にかけてだろう。

釣るのも簡単で更に美味しいぞ。

釣り方の種類

ウキ釣り、ミャク釣り、ブッコミとさまざまな釣り方で狙えるハゼだが、最近ちょっとしたブームになっているのが、ハゼのルアーゲームだ。

ニジマスの管理釣り場で使うクランクベイトを使うことから、ハゼクラとも呼ばれている。ウネウネした虫エサが不要なだけに、女性や子供に人気があるようだ。

そんななかでお勧めしたいのが、

ブッコミ釣りとハゼクラだ!

どちらも他のタックルの流用が効き、比較的イージーに魚を手にできるのがその理由だ。

ハゼは潮の干満で居場所が変わる。潮位が高いときは岸近くまで寄っているし、潮が引けば沖の深みに移動する。キャストできるハゼクラやブッコミだと、その状況に応じてフレキシブルに狙える利点もある。

次ページでブッコミ釣りを解説!