梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説

梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説

初夏から釣れ出し、梅雨の頃に最盛期を迎えるのがテナガエビ釣り。習性を考えて昼夜ともに釣る事ができる。釣り方、狙い方が違う昼と夜の釣りをそれぞれ解説しよう。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

関西のテナガエビ

テナガエビは日本に約15種が知られているが、ほとんどは南方系の種類で、関西ではテナガエビ、ヒラテテナガエビ、ミナミテナガエビの3種類が見られる。それぞれ、ほんの少しだが棲み分けている事が知られている。

その名の通り、「手(鉄脚と呼ぶ)が長い」エビだが、雌に比べると雄エビの方が遙かに長く立派なのですぐに区別が付く。

関西では多くの河川でテナガエビが見られ、特に人気なのが大阪市内を流れる淀川や大阪府と兵庫県境を流れる武庫川などが近場で手軽なため人気がある。

テナガエビは両側回遊性

テナガエビは基本的に両側回遊性のエビである。両側回遊性というのは、一生の中で川(淡水エリア)と海(汽水域を含む海水エリア)を行き来する習性のある生物で、魚ではアユやサケ、サクラマスなどが知られている。

テナガエビの産卵は概ね5~9月と期間は広いが、多くは夏場に産卵する。淡水域で産卵したテナガエビは卵を雌が腹に抱えた状態で過ごし、孵化するとその幼生は川を下って汽水域、海水域へと下り、稚エビとなって再び川を上り淡水域で生活する。幼生自体は海水域に下らないと成長できないとされている。

梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説やや小型のテナガエビ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

テナガエビ釣りは梅雨が最盛期

例年、淀川や武庫川などでは5月の中旬から釣れ出し、梅雨の頃が最盛期となる。また、真夏の頃になると卵を抱えた雌が釣れる事も増えてくると同時に、大型の雄テナガエビが減ってきたり、その特徴である大きな鉄脚が欠損したエビが多くなる。

そのような理由から、大型の立派な雄エビを狙うならシーズン初期から盛期に当たる梅雨前後がオススメだ。

テナガエビ釣りのタックル&仕掛け

テナガエビ釣りのタックルは基本的にノベ竿にセルウキなどを付けたシンプルな1本バリ仕掛け。竿は扱いやすい全長2mまでが使いやすい。

梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説持参道具類(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

私の愛用している竿は淡水の小物釣り用として1000円前後で購入した安価なものだが、十分に使えている。

梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説テナガエビ仕掛け例(作図:TSURINEWS関西編集部・松村)

ウキはテナガエビ釣りでは定番の連玉ウキの他、玉ウキやトウガラシウキ、棒ウキなど何でもOK。そんなに引っ張り合いの力勝負にならないので、自動ハリス止めを使ってハリス交換などをしやすくしている。

梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説ウキいろいろ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ハリはテナガエビ専用なども発売されているし、なければ袖バリの4号程度を使用する。

梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説愛用のハリ2種類(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

ちなみにエサはミミズかイシゴカイなどを5mm程度のカットしてハリに刺すので、半日頑張っても、イシゴカイなら数匹あれば十分だ。

梅雨が最盛期の『テナガエビ釣り』 昼と夜それぞれの釣り方を解説エサのイシゴカイ(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

次のページで日中のテナガエビを解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。