陸っぱりエギングでヤリイカ&アオリイカ合わせて9尾キャッチ成功

陸っぱりエギングでヤリイカ&アオリイカ合わせて9尾キャッチ成功

ようやく気温も上がり、コロナ蔓延防止も解除となったことで、3月10日の夕方から11日の朝マヅメまでの釣りを楽しもうと長崎の平戸まで行ってきた。エギングでアオリイカとヤリイカをキャッチしたので、その模様を報告する。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

夜の波止でエギング

タックルはいろいろと楽しめるようにエギング、青物用、ライトタックルと揃えて仕掛けもボックスにたっぷり収納し車に乗せ午後4時ごろに到着。

まずは青物でも回ってこないものかと、狙って見たが、カタクチイワシらしきベイトは多かったものの、ルアーに反応なく日が暮れた。

陸っぱりエギングでヤリイカ&アオリイカ合わせて9尾キャッチ成功タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

今度は本命のライトエギングでヤリイカ、またはアオリイカを探す。

探すといっても先行者のケミホタルのウキが浮かぶ場所だ。この方が効率よくイカに近づけるはず。この日は南寄りの風で弱く、どこでも釣り場が選択できるので迷う。

北部で少しエギをキャストして見るが反応なし。移動するとエギングの釣り人のほかケミホタルのウキがいくつか見える。ここなら釣れるかなと手前からエギを打っていく。ヤリイカなども狙えるように3.0号を選択。

アオリ&ヤリイカキャッチ

少しキャストしていると、エギングの釣り人のヘッドライトがともった。タモを取り出し取り込んでいたのは良型のアオリイカだ。時合いだ!遅れないように自分もエギを丁寧にシャクる。

すると「ズーン」とイカの手応え。小さいが300gほどの今年の初イカをキャッチ。また、エギングの釣り人に良型が上がる。うらやましさに指をくわえていても仕方がないので、3.5号に替えてシャクるもアタリなし。

時刻は7時を回り、月明かりに照らされる。アオリの時合いは終わったのか、ヤリイカがぽつぽつ上がり始め、私も3.0号のエギに戻して優しくシャクると、ようやくヒット。

ウキ仕掛けのエサ釣りでもゲット

ウキ釣りの人はササミをエサにしているようなので、私も時合いに遅れないように車に戻り、キビナゴをウキ仕掛けにセットして釣ることに。

エギとエサでなんとか5尾キャッチしたところで9時になり、潮も止まってアタリも遠のいた。

腹も減ったので、ガスコンロ用意してお湯を沸かしてカップ麺の夕食。釣り場で食べるとたまらなくうまい!

さてと、腹ごしらえも終わり、再度狙うも11時までアタリはなく、車に戻って車中泊。

次のページで朝マヅメに700g良型アオリイカ浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。