ワタリガニの上手な茹で方 持ち帰り方・締め方・冷凍方法に裏技アリ

ワタリガニの上手な茹で方 持ち帰り方・締め方・冷凍方法に裏技アリ

夏に旬を迎えるワタリガニ。堤防の夜釣りで、たまに見かける嬉しいゲストだ。しかし、どうやって調理するかピンとこない人も多いだろう。そこで今回は裏ワザを使った「ワタリガニのゆで方」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

ワタリガニとは

名前の通り、日本近海の広い海を渡るカニで、日本料理に欠かせないひと品。手前(一番下)の足がオール状になっていて、これを使って夜の暗い海をスイスイ泳ぐ。

旬は初夏から秋と言われるものの、各都道府県により採捕禁止の期間やサイズがあるので、ルールを覚えておこう。詳細はインターネットなどで簡単に調べられる。

獲り方&持ち帰り方

獲り方はタモを使って勢いよくすくう。すくったカニは、そのままクーラーに入れてもいいが、「野締め」の状態になると、調理する時に手足がバラバラに外れてしまう。

ワタリガニの上手な茹で方 持ち帰り方・締め方・冷凍方法に裏技アリ発泡スチロールの箱などに入れて持ち帰る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

そこで裏ワザ。生きたままの状態で、段ボールや発泡スチロールの箱に入れて持ち帰る。箱がクッションの役割をするのか、帰宅後も意外に元気だ。

下処理

持ち帰ったワタリガニはハサミに気を付けながら、アイスピックなどで絞める。これが2番目の裏ワザで、アイスピックをカニの口に真っすぐ入れるだけ。これでカニが静かになる。

ワタリガニの上手な茹で方 持ち帰り方・締め方・冷凍方法に裏技アリゆでる前にアイスピックなどで絞める(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ゆで方

ゆで方はカニを入れた鍋に水を注ぎ、火にかける。ゆでる時間はカニの大きさによって違う。いわゆるこぶしサイズであれば沸騰して約20分。こぶし2つ分の大型なら、30分ほど。

ゆでる前に絞めることと、水からゆでることで、手足が外れることはなく、きれいにゆであがる。

保存方法

保存方法にも裏ワザがある。一般的には生きたままビニール袋に入れ、そのまま冷凍するが、解凍した時、どうしても手足が外れてしまう。

そこで試してほしいのが、ゆでてから冷凍する。こうすることで、解凍後もきれいな状態を保ち、味も落ちない。ただし、日にちが経つと冷凍臭が出てくるので、早めに食べてほしい。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。