胴つき&サビキ釣りで人気の波止を探訪 大磯港の魅力や注意点も紹介

胴つき&サビキ釣りで人気の波止を探訪 大磯港の魅力や注意点も紹介

3月20日(日)、神奈川県にある大磯港へ電車で出掛けた。西堤防では胴つき、中央岸壁ではサビキを試したが、撃沈してしまった。釣果は得られなかったが、釣り場としては人気なので、その魅力と注意点を交えて紹介したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大磯港で小物釣り

JR東海道線大磯駅から港へ向かう道中、すずき釣具店で青イソメを購入。店の外にエサの自動販売機が設置してあるので、いつでもすぐに買えるのがありがたい。

胴つき&サビキ釣りで人気の波止を探訪 大磯港の魅力や注意点も紹介すずき釣具店(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

まずは腹ごしらえ

昼すぎに到着。風はなく、日は出ているので暖かい。まずは腹ごしらえと、昨年4月に大磯港内新しくできた商業施設・大磯コネクトでフィッシュバーガーを購入。

胴つき&サビキ釣りで人気の波止を探訪 大磯港の魅力や注意点も紹介フィッシュバーガーを堪能(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

その日によってカツの魚種が異なるのだが、当日はブリ。デニッシュ仕立てのバンズに、揚げたてのカツとレタスが挟んであり、こんにゃくの入ったタルタルソースがかけてある。非常に美味しいのでオススメ。

難しい状況でキタマクラ登場

当日はイベントをやっていたので、中央岸壁付近は大勢の一般客でにぎわっている。人混みを避けて、まずは西堤防へ。

西防波堤は手すりのある釣り場。若干海面からの距離があるため、水汲みバケツは使いづらい。仕掛けを用意している間に隣の少年たちがカサゴを釣り上げ歓声をあげている。

胴つき&サビキ釣りで人気の波止を探訪 大磯港の魅力や注意点も紹介西防波堤先端(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

隣で釣れた魚を見て、ハリ7号の胴突き2本バリ仕掛けに青イソメを付けてスタート。足元に落とすと水深は思っているよりも浅く、潮の影響を受けてしまうため、かなり釣りづらい。

少し探っているとキタマクラが登場。最悪この魚と遊んでいようかと思っていたが、後が続かない。しばらくすると、陽気が一転、一面の曇り空に。すると魚の活性も急降下。一人、二人と堤防を後にしていく。

次のページで移動して状況打破なるか?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。