サカナ健康レシピ:自家製オイルサーディン 市販のマイワシでOK

サカナ健康レシピ:自家製オイルサーディン 市販のマイワシでOK

イワシの栄養素は健康づくりに役立つものばかり。丸ごと食べるのが理想だが、頭や骨、ワタまではちょっと……。そこで今回はスーパーに売ってある小イワシを使った「自家製オイルサーディン」の作り方を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

イワシの旬

イワシは一年を通してスーパーなどに並んでいるものの、初夏ごろのものが腹太で丸々と肥えておいしい。

旬を迎えると値段も手ごろで、朝獲れの新鮮なものがほとんどだ。

選び方

選び方は料理によって異なる。刺し身や塩焼きだと、大ぶりなものがいいが、オイルサーディンに適したサイズは小イワシ。20cm以下のもので、「マイワシ刺し身用」の表示があるとGOODだ。

下味を付ける

作り方の手順は次の通り。まずは小イワシをボウルに移し、塩を軽く振る。これに水を注ぎ、4~5時間置く。

サカナ健康レシピ:自家製オイルサーディン 市販のマイワシでOK塩水に4~5時間漬ける(提供:TSURINEWSライター松田正記)

オイルの割合

下味を付けた小イワシはザルで水を切って鍋に移し、ニンニクとオイルを注ぐ。理想はオリーブオイルだが、サラダ油と半々に割ると安く済む。

サカナ健康レシピ:自家製オイルサーディン 市販のマイワシでOKニンニクを入れてオイルを注ぐ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

火加減

鍋を火にかけたら、中火でオイルの温度を上げていく。初めのうちはボコボコと大きめの気泡が出るので、この時点ですぐに弱火にする。

煮込み時間

煮込み時間は、おおむね40分。魚と一緒に入れたニンニクがこんがりと茶色になればできあがり。熱々よりも少し冷まし、レモンを絞って食べると最高だ。

サカナ健康レシピ:自家製オイルサーディン 市販のマイワシでOK弱火で40分ほど煮込む(提供:TSURINEWSライター松田正記)

保存OK

保存する際はタッパーに入れ、冷蔵室へ。そのままだと1週間から10日持ち、冷凍すれば3か月ほど持つ。ただ、冷凍と言ってもオイルなのでカチカチに凍ることはない。食べる時はレンジで少し温めると風味が蘇る。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。