波止の穴釣りでアラカブ満喫 ランガンで21cm頭に本命5尾キャッチ

波止の穴釣りでアラカブ満喫 ランガンで21cm頭に本命5尾キャッチ

大分県の国東半島へ穴釣りに行った。アラカブ(カサゴ)を狙い、熊毛港から天神港、竹田津港を転戦してきたのでレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

国東半島で穴釣り

2月中旬、大分県の国東半島へ穴釣りに行った。

私の経験上、穴釣りは満潮前後の釣果が干潮前後の釣果よりも良い。そこで、今回は満潮前後を狙うことにした。

波止の穴釣りでアラカブ満喫 ランガンで21cm頭に本命5尾キャッチ国東半島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

熊毛港から釣り開始

午前7時に国東市国見・熊毛港で釣り開始する。当日は満潮が午前7時40分ごろだった。エサは冷凍キビナゴを使用した。

波止の穴釣りでアラカブ満喫 ランガンで21cm頭に本命5尾キャッチ当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

良型狙いでキビナゴ1尾丸ごと使用した。仕掛けを底まで落とし、着底後に2回ほど仕掛けを10cmほど上下する。アタリがなければ、次の穴を狙っていく。

アラカブ(カサゴ)18cmヒット

序盤はアタリがなく、少し焦ったが、7、8投目にガツーンと心地よいアタリ。ミチイトがすれ、切れはしないかとヒヤヒヤするのも穴釣りの楽しさのひとつだ。

そして、18cmほどのアラカブ(カサゴ)を無事に抜き上げることができた。自分のルールでハリ掛かりの良い20cm以下はリリースすると決めているのでリリースした。もっと大きくなってから再会したい。

30年ほど前は良型をラインブレイクで逃げられてしまったことがたまにあったが、ここ数年はラインブレイクすることがなく、快適な穴釣りを楽しませてもらっている。釣具メーカーの技術進歩にはいつも驚かされる。

その後は釣れなくなったので、国東市国見・天神港へ行くが、同サイズのアラカブが1尾のみだった。

次のページで当日のビッグワンをキャッチ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。