沖のルアー釣り堪能 青物ジギングでワラサにタイラバでマダイ好捕

沖のルアー釣り堪能 青物ジギングでワラサにタイラバでマダイ好捕

例年では2月に入ると三重県・鳥羽沖の青物は活性が落ちるが、今年は寒冬ということもあり好釣果が聞こえてくる。2月後半はトンジギ予定だったが、計画を変更し20日に安楽島の強丸へジギングに出かけたので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

青物ジギング釣行

当日は爆風予報ということで、湾内中心の釣りを想定。渋い状況も考慮し、タイラバも用意して臨んだ。

午前5時半すぎに到着すると、予想通りの爆風。タックルはベイトタックル2本とタイラバタックル1本をメインに、ジグは150gのTGベイト、タイラバは100gのビンビン玉TGをチョイスした。

当日の作戦

6時すぎに出船し、最初のポイントは予想通りの湾内。船長の合図でスタート。軽くキャストし、ジグをフォールさせるとラインが前方に流れていく。やはり風が強いようで船が流されるためだが、そこは船長がすぐに修正してくれる。

私の誘いは速巻きのワンピッチが中心だが、スピードに緩急をつけて食わせの間を作る。アタリがない場合は、ロングフォールなども入れるプランで進めた。

ブルピンカラーでワラサ登場

しばらくすると同船者にワラサがヒット。ブルピンのジグを使用していたので、私もカラーを合わせる。

するとミヨシの同船者がヒットするのに合わせて連鎖狙いで、丁寧に誘いを入れると狙い通りに中層でヒット。バレないようアワセを大きく入れ、ゴリ巻きで巻き上げると丸々と太ったワラサだ。

沖のルアー釣り堪能 青物ジギングでワラサにタイラバでマダイ好捕ブルピンのジグに替えて丸々と太ったワラサ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

その後、沖のポイントでワラサを1匹追加し、再び湾内のポイントに移動すると、時合いなのかワラサがよくヒットする。私も首尾よく2匹を追加するが、徐々に魚の活性が低下し、アタリがなくなった。

沖のルアー釣り堪能 青物ジギングでワラサにタイラバでマダイ好捕ワラサは時合に連発(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

タイラバに変更

ここでタックルをタイラバに変更。活性が低いのでヘッドをキャストし、広範囲を探ることにした。すると着底後3巻きすると、サオ先がブルブルと震え、サオが大きく曲がる。

アワセを入れずそのまま巻き続けるが、引きは強烈。どうやら青物のようだが、これはあえなくリーダーがブレイクしてしまう。

次のページでタイラバでマダイをキャッチ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。