船メバル五目釣りで本命32匹手中 高活性時には船中連掛け続々

船メバル五目釣りで本命32匹手中 高活性時には船中連掛け続々

2月8日、愛知県・南知多町師崎港の石川丸に乗船してメバル五目を満喫した。上潮だった前半はぽつぽつだったが、下げ潮にかわると活性が上がり連掛け連発となり、メバル17~25cm32匹とカサゴ17、19cmの各1匹の釣果を得た釣行をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

石川丸でメバル五目釣り

メバル五目狙いで2月8日、愛知県・南知多町師崎港の石川丸に乗船した。この日は曇り空の無風で、絶好のメバル日和だった。釣行の3日前から生きイサザがエサ店に出始めたので、購入して持ち込んだ。船宿でも冷凍イサザを用意してくれるが、生きイサザの方がエサ持ちがいい。

船メバル五目釣りで本命32匹手中 高活性時には船中連掛け続々タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

出船前の気温は3度だが、風がないのでそんなに肌寒さは感じない。午前7時に12人を乗せて出船。航程35分で伊良湖沖のポイントに到着した。水深は45mからスタート。徐々に駆け上がって浅くなっていく。オモリ着底後に2m巻き上げてアタリを待った。

幸先よく25cmメバル登場

しばらくするとオモリが底に当たったので、もう2m巻き上げる。巻き上げてすぐにアタリが出たので、追い食いを待つ。待っている間に駆け上がってきてオモリが着底したので、根掛かりする前に巻き上げると25cmの良型メバルだ。幸先良いスタートとなった。

船メバル五目釣りで本命32匹手中 高活性時には船中連掛け続々朝イチにヒットした良型(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

その間にポイントが外れたので、元のポイントに戻って再スタートした。次は最初から1匹目がヒットしたタナに合わせてアタリを待った。しばらくするとヒットしてきたので、追い食いを待つが食ってこない。

長く待ち過ぎると、掛かった魚のハリ穴が開いて外れてしまうので巻き上げると、上がってきたのは20cmのアベレージサイズだ。その後は船中アタリが止まったので、移動となった。

追い食いの見極めが重要

次は水深40mからのポイントでスタートした。どのポイントでも、基本は底から2m巻き上げてアタリを待つ。このポイントも駆け上がってきたので、さらに2m巻き上げる。メバルがヒットしてきたので待っていると、小気味よいアタリで追い食いしてきた。

根掛かりに注意しながら少しずつ巻き上げると、さらにサオ先が曲がり込む。巻き上げてくると、20cm前後のメバルのトリプルだった。船のメバル釣りは追い食いでいかに数を伸ばせるかによって釣果が大きく違ってくるので、1匹ヒットしただけで巻き上げては数が伸びない。しかし追い食いを待ち過ぎても根掛かりしたりハリ外れしたりするので、見極めが大事になる。

船メバル五目釣りで本命32匹手中 高活性時には船中連掛け続々良型メバル咲き乱れ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

その日の活性状況や海底の起伏や底付近にいたり、数m上に浮いていたりしてタナを探すのも重要な要素で、さまざまな条件を総合的に判断する必要がある。それがまたメバル釣りの醍醐味なのかもしれない。

その後は追い食いを待ってもダブルまでで、活性はいまいちのようだ。2度、3度とポイントを移動しても状況は変わらず、1匹ずつの拾い釣りが続く。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。