五目タイラバゲームで52cm特大ウッカリカサゴ 海毛虫チューンが的中

五目タイラバゲームで52cm特大ウッカリカサゴ 海毛虫チューンが的中

2月9日、三重県・南伊勢町礫浦の光栄丸(こうえいまる)に乗船。五ケ所湾沖の五目ジギング&タイラバに挑戦した。ジギングは不発に終わったが、海毛虫チューンのタイラバで特大ウッカリカサゴをゲットしたので、その模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

特大ウッカリカサゴ浮上

腕が限界を迎えながらも、なんとか水深100mを巻き上げてくると、水面に見たことのないサイズの魚体がぷかりと浮かぶ。

船長が差し出したネットに収まったのは、なんとなんと丸々とした52cmの巨大なウッカリカサゴ。船長に聞いても50cmを超える大物はなかなか見ない、とビッグサイズの1匹にびっくりだ。

スマートな釣れ方ではなかったが、それでもこんな特大の1匹が釣れると思っていなかったので思わずハイタッチ!

五目タイラバゲームで52cm特大ウッカリカサゴ 海毛虫チューンが的中52cmの特大ウッカリカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

竿頭は高級魚を連発

その後も気を良くした私は、すぐにレギュラーサイズのウッカリカサゴを追加。隣の仲さんも相変わらずアタリが続いているようで、良型のアヤメカサゴやホウボウ、さらにはアマダイも追加。船中ぶっちぎりのサオ頭。さすがです……。

仲さんが実力を見せつけてくれたところで、タイムアップで納竿となった。

五目タイラバゲームで52cm特大ウッカリカサゴ 海毛虫チューンが的中アヤメカサゴも(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

海毛虫チューンで好釣果

この日はジギングではアタリが出なかったが、タイラバの海毛虫チューンで好釣果を得られた一日だった。いつものタイラバに海毛虫をチョン掛けするだけというお手軽さなのだが、その実力は本物。

今回はタイラバで使ってみたが、メタルジグなどにも応用ができるそうで、ジギングやタイラバを楽しむ人はぜひタイラバの海毛虫チューンをお試しあれ。

五目タイラバゲームで52cm特大ウッカリカサゴ 海毛虫チューンが的中2人の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

<週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔/TSURINEWS編>

▼この釣船について
光栄丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年3月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。