【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々

福岡県と佐賀県からオフショアルアーの最新釣果情報が入った。寒ブリジギングで10kg超え頭に良型続々ヒット。全員安打で好土産確保。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:寿風)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

福岡県:PONTOS・幸雅丸

2月19日、北九州市戸畑港から出船中のPONTOS・幸雅丸は玄界灘方面にブリジギングで出船。最大9kgの良型ブリを交え船中で20尾と順調にヒットした。電動、手巻きともに良く釣れており、今後も好土産が期待できる。今アツいジギング、予約はお早めに。

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々順調に好土産確保(提供:PONTOS・幸雅丸)
▼この釣り船について
PONTOS・幸雅丸
出船場所:北九州漁協・若松支所前

福岡県:海龍丸

2月19日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の海龍丸がジギング・電動ジギング便で芦屋沖~玄界灘方面へ出船。ヒラマサ8kg、ブリ8kgなどナイスサイズを交えて青物全員複数安打で船中60尾超の好ヒットを楽しんだ。1月、2月と好釣果が続いており、船中全員安打も継続中。3月も平日、週末ともにジギング、電動ジギング便の出船を募集中。詳細はホームページ、または船長に確認を。

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々全員安打の好ヒット(提供:海龍丸)
▼この釣り船について
海龍丸
出船場所:柏原漁港

福岡県:優

2月11日、福岡市中央区港かもめ広場前からが玄界灘のジギング、キャスティングゲームに出船。1流し目から連続ヒット。寒ブリがトップでは11kg、ジギングで10kgがキャッチされており、良型多数ヒットして全員安打を達成し、マダイも交じっている。後半は近場でワラサ(中型ブリ)~ヤズがぽつりぽつりとヒットして乗船者の帰港時間のリクエストもあり、早上がりで納竿。

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々11kg頭にキャッチ(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

福岡県:SEASON

2月19日、福岡市西区唐泊からSEASONが福岡沖近海ジギング便に出船。会社の仲間でチャーターで乗船し、ジギング初挑戦の人が多かったが、ワラサ(中型ブリ)3~4kg主体で数上がり、船中30~40尾の釣果。タイラバやスロージギングなどもチャーターで対応可能。

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々青物数釣り(提供:SEASON)
▼この釣り船について
SEASON
出船場所:唐泊漁港

福岡県:海遊丸

2月19日、福岡市西区の姪浜能古島渡船場から海遊丸が玄界灘の寒ブリジギングに出船。船長は「朝イチからプチラッシュがあった。潮変わりからはアタリが止まることがなく、ラインブレイクのバラシも多数あった。ブリはメタボ体型の10kgを頭に船中で43尾。ほかにヒラマサ、マダイ、アオナなども交じって、みなさんクーラーを満タンにした。中にはクーラーに魚が収まらない人もいる」とこのと。

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々プチラッシュもありアタリとまらず(提供:海遊丸)
▼この釣り船について
海遊丸
出船場所:姪浜能古島渡船場

福岡県:幸風

2月19日、福岡市中央区港かもめ広場前から幸風が玄界灘の寒ブリジギングに出船。ブリ10kg頭に船中で41、42尾。ブリは7kg前後が平均サイズでヒラマサ4~5kgクラスが2尾交じっており、6kgクラスの大型ヒラメも船中に取り込まれた。船長は「18日も出船したが一番大きなブリは10kgあった」と話しており、大型寒ブリがヒットしている。「潮が走る時がいい時もあれば、緩みがけの1時間くらい入れ食いする時もあって、反応があっても口を使わない時があるが魚は多い。3月いっぱいまで楽しめそう」とのこと。

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々大型寒ブリ続々浮上(提供:幸風)
▼この釣り船について
幸風
出船場所:中央区港

佐賀県:寿風

2月19日、佐賀県伊万里市久原港から寿風が呼子沖の寒ブリジギングに出船。ブリ5kg前後主体で8kg頭に60尾。酒見さんは大型ブリをキャッチ。船長は「7~8kgも結構多かった。ジギングでまだまだいけると思う」とのこと。根魚五目釣りも出船。

【福岡・佐賀】沖のルアー最新釣果 ジギングで7〜8kg級寒ブリ続々ブリ8kg頭にゲット(提供:寿風)
▼この釣り船について
寿風
出船場所:久原港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年3月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。