沖の青物ジギングでシオ(カンパチ)4匹 大物バラシで消化不良?

沖の青物ジギングでシオ(カンパチ)4匹 大物バラシで消化不良?

愛知県・南知多町師崎港のまとばや丸へ、ジギングに行ってきた。シオ狙いでは連打もあったが、大物のバラシが2回、ちょっと消化不要な当日の釣りをリポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まとばや丸でジギング

2月9日は午前6時40分にまとばや丸の出船場所に集合、7時出船で釣り座はくじ引きで右舷後ろに決まった。シオの現場に着くと、風もあり波立っている。こんなときでもまとばやのジギング船は大きいので、揺れは少ない。

まずは硬めのロッドで電動ジギング。巻きの速さは17ぐらいと聞いていた。ジグはTGベイトとFK。どちらも150gだ。着底後速巻きで10m、その後小さいワンピッチで誘う。

すぐ中層でヒット。1匹上げると一気に緊張がほぐれる。レギュラーサイズの45cmのシオだ。

沖の青物ジギングでシオ(カンパチ)4匹 大物バラシで消化不良?ファーストヒットはやっぱりホッとする(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

大物は身切れでバラシ

ここで電動をやめ、軟らかいタックルに替えた。コンクエスト200にPEライン1号、リーダー5号。速巻きワンピッチで誘うと、中層で食った。

そして食い気も一段落したころ、リールが巻けないくらいの大物が食った。グリグリゆっくり巻いて切れなければ良いがと思ってた矢先、残り10mまで巻き上げたところで身切れ…。残念…。

シオを4匹釣ったところで早くも落ち着いてしまった。

沖の青物ジギングでシオ(カンパチ)4匹 大物バラシで消化不良?時合いにシオを連打した筆者(提供:週刊つりニュース中部版APC・幡野晃彦)

一人だけ蚊帳の外

そしていつも通り伊良湖へ戻って青物狙い。ジギング船、エサ釣り船とも船団になっていた。さあ~思いきりシャクろうと、ロッドも青物用に交換。

ところがオシアジガーに巻いたPEラインにトラブル。スプールでクロスしている。直していると焦って時間かかるので、即シオ用のロッドに持ち替えた。ジグはクイック赤金グロー180gだ。

水深90m。速巻きワンピッチやフォールでフワフワ誘っても、なかなかヒットしない。周りでは食っているのに…。右隣ではFK、TGでワラサが上がった。私だけが静かまま。

ようやくヒットもオマツリ

残り1時間、ようやくヒット。深くてロッドも軟らかいのでガツンの感触はなく、アワセを何回も入れながらリールを巻く。リーダーが5号なので慎重に巻いてくる。

残り10mまできた時、反対舷の人も食っていたのか、見事なオマツリになってしまった。クラッチフリーにしてお任せすることに。時間がかかっているから見に行くと、PEラインがグチャグチャになっている。私のPEラインを切ってジグも返してもらう。

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。