厳冬期のエリアトラウトを『ボトムプラッギング』で攻略する方法

厳冬期のエリアトラウトを『ボトムプラッギング』で攻略する方法

エリアフィッシングが最盛期を迎える冬季、しかし寒さに強いとはいえさすがのマス類も適水温を下回ると通常のスプーンのスローリトリーブでも手強くなってしまう。フェザージグが使用可能ならば強い味方となが、できない場合はリアクションで食わせる方法が有効となる。ここではリアクションを誘発し易いボトムプラッギングを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

福岡崇史

1985年生まれの会社員。釣り好きが高じて大学・大学院で生物地理を研究。アジングやライトゲームが得意。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

ボトムプラッギングのルアー

ボトムプラッギングに使用するルアーは大きく分けると3種類に分類することができる。それぞれのルアーの特性について説明しよう。

厳冬期のエリアトラウトを『ボトムプラッギング』で攻略する方法ボトムプラッギングに使用するプラグ類(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

ジグタイプ

ジグタイプ(写真左下)はボトムのステイ時にお尻が浮くように設計されており、ロッドを上下させワンピッチで誘うとダートさせることができるルアーである。ニジマスより比較的ダートに反応しやすいイワナやブラウントラウトが好むアクションである。

ボトムシャッド

ボトムシャッド(写真最上部)はリップにウェイトが貼り付けてあり、ボトムでのステイが可能なタイプ。ネチネチと底を攻める厳冬期特有釣り方が可能なタイプである。

フローティングシャッド

フローティングシャッド(写真下中央と右)は浮くタイプではあるが、急速潜航と急浮上のリアクションで食わせるテクニックに多用するタイプである。

ボトムクランク

最後にボトムクランク(写真中央2つ)は、シンキングクランクとも呼ばれボトムシャッド同様に底を舐めるように引くことが可能なクランクベイトであり、ボトムシャッドと比べて波動が大きくアピール力も強い。

次のページでアクション方法をイラストで解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。