鮎トモ釣り:小場所や流れ強いポイントが穴場!【神奈川県・酒匂川】

釣りにいく予定はなかったが、6時に起きるとすでに暑い。そこで、アユ釣りに出かけることにした。向かった先は神奈川県西部を流れる酒匂川。解禁直後、放流物が冷水病で流されたとか、青ノロがひどくて釣りにならないと酷評されたが、今は絶好調の河川。相模川は、数は釣れるがチビアユばかり。釣果3割減でも良型が揃う酒匂川だろう。

●神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

橋上下流で良型揃い!

新十文字橋の上下流を狙った

昼食後は、橋下流を探る。泳がせ釣りが多く、強い瀬が空いている。迷わずそこへ入川し、オトリを放すが、流れが速くて底へ入らない。そこで、オモリを打ってオトリをやや強引に流れに入れると、底の流れにナジんだと同時に、ガタガタ、ドッド~ンと目印が下流へと引き込まれた。

引き抜くと20cm近い良型だ。

これを皮切りに30分で8尾の入れ掛かり。竿抜けだったようで、四畳半ほどの広さの流れで良型が揃った。

その後、十文字橋上流で良型揃い、十文字橋下流でポツポツ。分流の小場所で良型が侵入者を追っているのを発見し、オトリを入れてみると、20分で7尾。本流筋でもポツポツと掛かった。アタリが遠のいたので、拾い釣りをしながら橋まで戻ると、16時半を過ぎていたので納竿。

本日の釣果

釣果は12.5~20.5cm54尾。

小型は1尾のみで、平均17~18cm。一日を通して追いは活発だったが、人気河川とあって釣りやすい大場所ではポツポツの釣況。

よく釣れたのは、人が見向きもしないような小場所やノーマル仕掛けではオトリが底に入らないような流れの強い場所だった。

<週刊つりニュース関東版 藤崎信也/TSURINEWS編>

▼アクセス
酒匂川

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年8月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。