釣りのゲスト魚レシピ:イスズミのたたき 美味な時期は冬に限定?

釣りのゲスト魚レシピ:イスズミのたたき 美味な時期は冬に限定?

磯のゲスト魚で知られるイスズミ。大半の人が「臭くて食べられない」とリリースする。しかし、食べて美味しい種類がいる。今回はその見分け方と料理法を紹介。なかでも「イスズミのたたき」は絶品だ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

美味しいイスズミの見分け方

簡単に言えば、大きくて黒いもの。和名はノトイスズミと言い、フカセでもブッコミでも釣れる。型は40~50cmあり、まれに60cm級も釣れる。これが食べて美味しいイスズミだ。

一方、フカセ釣りでよくハリ掛かりするタイプは20~30cmのミナミイスズミで、体色は白。これはおすすめできない。

期間限定

見分け方を覚えたら、食べごろについて。美味しいのは脂が乗る1月~3月(個人的)。あくまでも九州南部での目安なので、四国や本州はもっと遅くまで食べられるだろう。

ちなみに30年ほど前の初夏、大分県でコリ魚(イヨ)の刺し身といって出され、「ヤバ級」のうまさだった記憶がある。だだ、基本的には寒い時季が美味しいので、「期間限定」と区切っておこう。

釣り場での下処理

釣れたイスズミは、すぐにナイフなどを使って締める。

釣りのゲスト魚レシピ:イスズミのたたき 美味な時期は冬に限定?まずは締める(提供:TSURINEWSライター松田正記)

動かなくなったところで、頭を落とし、ワタを取る。ここが最重要だ。この工程を自宅でやると、部屋中が独特の臭いになるので注意したい。

釣りのゲスト魚レシピ:イスズミのたたき 美味な時期は冬に限定?現地で頭とワタを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

自宅での下処理

持ち帰ったイスズミはウロコが付いたまま3枚におろす。ここでも美味しいものの証がわかる。普通の魚だと、血合が限りなく赤に近い色だが、イスズミは茶色。見た目は悪いが、美味しい印なので覚えておこう。

釣りのゲスト魚レシピ:イスズミのたたき 美味な時期は冬に限定?3枚におろし皮を剥ぐ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

3枚にしたイスズミは腹骨と中骨を取り、サク取りにする。

次のページで「たたき」の工程へ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。