人気上昇中”オフシャロ”攻略!本命イサキをメタルジグで狙う【解説】

人気上昇中”オフシャロ”攻略!本命イサキをメタルジグで狙う【解説】

船からシャロ―を狙う「オフシャロ」だが、タイラバでもジグでも軽いルアーを使うことでシルエットの小ささと軽い重量で自然に近いフォールスピードを生みだすために警戒心をやわらげ多くの魚に口を使わせるチャンスを生むことができる。魚の種類も多くなり、より繊細で神経質といわれるアジやイサキという普段ならエサ釣りで狙う魚もターゲットとして狙うことができ、食べても非常においしいので人気急上昇だ。今回は北九州市小倉から出港して響灘にイサキを本命ターゲットにしてその狙い方を紹介する。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

アワセ方

アタリがあったら間髪入れずアワセを入れてフッキングするが、アジ、イサキとも口が非常に軟らかく弱いのであまり激しいファイトは禁物、ゆっくりソフトにやり取りしよう。

使用するライン

今回はイサキを本命で狙っているが、釣れる魚種は選べず、いろいろな魚種が釣れるのもこの釣りの楽しさだ。

人気上昇中”オフシャロ”攻略!本命イサキをメタルジグで狙う【解説】小さいルアーで魚の警戒心を解くのがこの釣りスタイルだ。

イサキ・マダイ・アジ・ヒラマサからクエ(アラ)まで釣れるが、ルアー自体が小さく軽いため、ラインもPE1号をメーンに使うのでかなりスリリングな釣りになる。

ただ、大物を想定してラインを太くするとルアーの操作が難しくなり、リーダーが太くなることで食い自体が落ちるので悩ましいところ。

現在のラインは強度もあり多少の無理はきくのでさまざまな場面と魚種で試したみた。

この釣りのメインのラインは現在(ジギングの場合は青物を考慮して)PE1・2号にリーダー5号でヒラマサは5kg、ブリ8kg、クエ5kgが釣れており、このタックルバランスがジグの操作と食いの良さでバランスが取れて釣果を伸ばしている。

狙うポイント

人気上昇中”オフシャロ”攻略!本命イサキをメタルジグで狙う【解説】浅いとはいえ青物が積極的にアタックしてくる。

狙う水深はメインで30m前後と浅く、時には15mのシャローをテンポ良く攻めていく釣りだ。

この釣りの特徴として浅い場所というのはルアーの回収も早くできるので、いかに多くのポイントをスピードを上げて叩いていくかが好釣果に繋がる。

タックルもキャストにはスピニングリールが有利で回収の速さも考えるとハイスピードギアがいいだろう。

次ページで釣り方を解説!