現役ドクターに聞く日焼け対策:予防からアフターケアまで【徹底解説】

現役ドクターに聞く日焼け対策:予防からアフターケアまで【徹底解説】

日差しが強い夏以外でも外で釣りをする私達釣り人は日焼けに切っても切れない関係ですよね。今回は『侍Dr.近藤惣一郎のフィッシングクリニック』でもおなじみ、現役ドクターであられる近藤先生に日焼けの対策を解説してもらいました。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

正しい紫外線対策を

男性の多くは、紫外線対策について「それって女性のもの…」とか、「男は紫外線を浴びても大丈夫。肌が強いから…」なんて思っている人も多いのではないでしょうか?

確かに、青白い肌より小麦色の肌のほうが健康的に見えます。見た目だけでなく、日焼けにより免疫力が高まり、風邪をひきにくくなったり、皮膚アレルギーが改善する場合もあります。

体内でビタミンDが生成されるときには、紫外線が必要だし、布団の日干しなどで利用されるように、紫外線には殺菌作用もあります。

日焼けがすべて害ではなくて、そのメカニズムをよく知って、正しい紫外線対策を行い、日焼け後の対策をしっかり行えば、日焼け=サンタンを楽しめるともいえるのです。

紫外線とは?

地上に到達する紫外線にはB波とA波があります。

A波はメラニン細胞を刺激し、肌を黒くします(サンタン)。ですから、日焼けにはA波が関係し、皮膚の深層のコラーゲンやエラスチンを変性させ、皮膚の老化を加速することも知られています。

一方、B波は皮膚に急性の炎症を起こし、赤い状態にします(サンバーン)。多量に暴露した場合皮膚ガンの発生にも関与すると言われます。

次ページでUV対策のキホンを解説!