人気上昇中”オフシャロ”攻略!本命イサキをメタルジグで狙う【解説】

船からシャロ―を狙う「オフシャロ」だが、タイラバでもジグでも軽いルアーを使うことでシルエットの小ささと軽い重量で自然に近いフォールスピードを生みだすために警戒心をやわらげ多くの魚に口を使わせるチャンスを生むことができる。魚の種類も多くなり、より繊細で神経質といわれるアジやイサキという普段ならエサ釣りで狙う魚もターゲットとして狙うことができ、食べても非常においしいので人気急上昇だ。今回は北九州市小倉から出港して響灘にイサキを本命ターゲットにしてその狙い方を紹介する。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

タックル

スピニングタックル

タックルは釣り場の水深が20~40mと浅い場所がメインになり、ルアーも40gを中心に風や潮の流れを考えても80gを最大の重さと考える。

だが浅いということは船の真下を狙うだけではポイントを探る効率が悪いので、できればキャストで広い範囲を狙えるスピニングタックルが有利になる。

タイラバ

タイラバならまず40gをメインに使い、流れて釣りにならない場合は少しずつ重さを上げていくとよい。

釣り方は普通のタイラバと同じく、投げて着底後は間髪入れずに巻き始め、水深の半分を目安に巻いては落とすことで魚を誘うが、普段通り、タイラバにはシャクリのアクションは不要である。

ジギング

ジギングのタックル例。

ジギングの場合もなるべく軽いルアーで釣った方が釣果は上がるのでいきなり重い物は避けて、まずはメインとなる40gから始めて流れ方によっては重い物に替えていくとよい。

狙い方は簡単にいうと船から離れた所にルアーをキャストして水深の半分までを巻いては落とすことで船まで探ってくる釣りだが、ジグを使う場合は少しシャクってジグにアクションを付けるといいだろう。

しかし、注意したいのは、あまり激しくアクションを加えると神経質なイサキやアジは食いが落ちてしまうことが多く、うまく食わせるにはゆっくりしたアクションを心がけるとよい。

シャクってくる途中にアタリもでるが、特にイサキはルアーが落ちていくフォールが大好きなのでルアーを落とすフォール時もサオ先には注意が必要だ。

次ページでやり取りと狙うポイントを解説!