ティップランエギングゲームでキロアップ含め船中トップ3匹

ティップランエギングゲームでキロアップ含め船中トップ3匹

2022年の初釣りに三重県・南伊勢へティップランエギングへ出かけてきた。キロアップの良型アオリイカも浮上した釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・土屋英孝)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ティップランエギング

1月10日に2022年の初釣りに出かけた。今回は三重県・南伊勢の御堂さんにお世話になった。名古屋からのメンバーは、大矢さんと村上さんと私の3人だった。

午前8時前に出船。朝からそこそこの風が吹いて、ティップランには良さそうだ。ポイントに着いたのは8時半ごろ。水深30m前後で開始となった。

ティップランエギングゲームでキロアップ含め船中トップ3匹エギングタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・土屋英孝)

ミヨシの釣友に良型アオリ

私の席順は一番安全に座れるトモで、その前に御堂さん、村上さん、大矢さんがミヨシの順になった。

少々白波もあるなか、しばらくしてミヨシの大矢さんが大きくアワセを入れた。ヒットエギを聞くと、クレイジーオーシャンのティップランナー3.5号。良型のアオリイカをキャッチ。

ティップランエギングゲームでキロアップ含め船中トップ3匹使用タックルとエギ(提供:週刊つりニュース中部版APC・土屋英孝)

これで操船をしている御堂さんもひと安心の表情。その後しばらくは沈黙もあったが、何度かポイントを回るとまたしても大矢さんにヒット。サイズアップの1kgオーバーのアオリイカだ。

キロアップの大型も登場

しかし、そんな時御堂さんから「潮が速く風とケンカしているから、船もポイントに入っていかないしエギが安定しないね」と先行き不安な言葉が出た。私にはよく分からないが、他の3人は全員船長なのでよく分かっているようだ。

移動を繰り返していると、知らぬ間に村上さんもキャッチしていた。まだ釣っていないのは後席の2人になり、何となく緊迫感が漂った。私は初釣りでボウズだけは……と、さらに集中した。

そして、隣の御堂さんが大きくアワセを入れた。掛かり方が悪そうで、不安げな表情の御堂さんだったがそこは百戦錬磨、無事触腕1本でネットインした。

ティップランエギングゲームでキロアップ含め船中トップ3匹キロアップの大型も上がった(提供:週刊つりニュース中部版APC・土屋英孝)

それから大矢さんが3匹目をキャッチし、午前中の時合いは終了となった。それぞれ休憩モードで昼寝したり、座って食事をしたりと皆さん力を抜いていた。

それでも、何とか1匹と頑張っていると、御堂さんから「船尾からポイントに入っているから土屋さんチャンスだよ!」と激励の言葉が出た。

するとしばらくして私のティップに怪しい変化が出た。フワフワとテンションが変化し、アワセを入れると一瞬ロッドが曲がったが、一瞬で重みがなくなった。

すぐに大矢さんもロッドを曲げたが、これもバラシになり一瞬の時合いも終わってしまった。

最終釣果

結局午後からはアタリがなくなり、薄暗くなるまで頑張ったのだが、私は立派なサバフグだけで初釣りは終わってしまった。

最終釣果は大矢さんがアオリイカ3匹、モンゴウイカ1匹、村上さんと御堂さんが各1匹のアオリイカ、私はサバフグ1匹で終了となった。帰りはみんなで夕食を食べたが、うまかったトンテキ定食が私の初釣りでした。

<週刊つりニュース中部版APC・土屋英孝/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年1月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。