沖のライトジギングゲームでアオハタ狙い 45cm頭に複数尾キャッチ

沖のライトジギングゲームでアオハタ狙い 45cm頭に複数尾キャッチ

鳥取県境港市のフィッシングガイドJOY FISHERを利用して、寅年にちなんでアオハタを狙ったライトジギングに出かけた。この時期の日本海にしては、珍しくナギでコンスタントに釣れ、クーラーが寅カラーでいっぱいとなった釣行をリポートする。

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

JOY FISHERでジギング

干支の寅(とら)にちなんで「黄色い魚」を狙ってみよう! 今回のターゲットはアオハタ(アオナ)。日本海でのジギングでよく釣れるハタ科の魚。アオと名がつくが体色が黄色みを帯びていてキハタやキカナなどと呼ばれている。縞模様もあり、まさに寅のようだ。

1月9日、今回お世話になるのは、鳥取県境港市の地元でも人気のフィッシングガイドJOY FISHER。玄人だけでなく、レンタルタックルや船にトイレも完備されているので、初心者でも安心して釣りが楽しめる。

今回は美保湾でのライトジギングで寅を狩る。午前7時に事務所に集合し、乗船名簿を記載。すぐ近くのマリーナから船に乗り込み出港。山陰の名峰大山の眼前に広がる美保湾。ここが今回の戦場だ。

釣り方とジグウェイト

船長がポイントを選定し、船を流してくれる。風と潮に任せて船を流すドテラ流し。船が流されているのでラインが斜めに入り、広範囲を探ることができる。斜めにジグを引っ張るイメージだ。

水深や船が流れるスピードを考慮しジグの重さを選ぼう。私の場合、水深プラス20gを基本に潮の状態を見て底が10回以上取れる重さを選ぶ。どれくらいの重さのジグを用意すればいいかは、予約時に確認するとよい。

沖のライトジギングゲームでアオハタ狙い 45cm頭に複数尾キャッチタックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

早々に本命ヤズがヒット

ポイントに到着したら釣り開始。ジグを投入し、着底したら、すぐにシャクる。リールを指でサミングしながら、ジグを落とすと着底が分かりやすい。

底付近を探っているとヒット。ファーストフィッシュは、いきなり本命アオハタ。30cmくらい。もっと、大きいのがいるはずだ。ポイントを移動し、45cmくらいの今回イチを仕留めた。

朝方は、ヤズの活性も良く。回収途中には、よく食ってきた。船中で8尾くらいは釣れていたと思う。ジグが上がるまで気が抜けない。

沖のライトジギングゲームでアオハタ狙い 45cm頭に複数尾キャッチ朝方はヤズの活性も高かった(提供:週刊つりニュース西部版APC・中濱友也)

次のページで釣果とアオハタのおいしい食べ方を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。