日中の陸っぱりエギングゲームで1kg超え含めてアオリイカ3尾好捕

日中の陸っぱりエギングゲームで1kg超え含めてアオリイカ3尾好捕

2022年初のアオリイカを狙いに伊豆エリアへエギングゲームに出かけた筆者、早々に本命とご対面。さらに、納竿直前にはキロアップのイカも浮上となった釣行をお届け。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野中功二)

野中功二

伊豆をメインフィールドとするローカルアングラー。エギングメインですが、ジャンル問わず、海山に囲まれ自然に恵まれた伊豆で旬の釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

伊豆でエギングゲーム

1月に入り、伊豆の沿岸部は水温が下がり、沖は15~6度の表示、条件次第では日中にアオリイカが顔を出すにではないかと、2022年初イカを求めてエギングゲームに出かけた。

朝、起床して空を見ると曇天、風は午前中北東4mの予報。11時にポイントに到着すると、引き潮で潮止まり付近と思ったが、そこまで潮が引いてない状態だった。現場は風が巻き込み、潮は引き潮の下げ止まり前といった状況だった。

日中の陸っぱりエギングゲームで1kg超え含めてアオリイカ3尾好捕当日の海の様子(提供:TSURINEWSライター野中功二)

使用タックル

使用タックルは、アサルトジェットタイプS SD90にエギはアオリーQ3.5号、ラインは新素材のアーマードF +プロ0.6 号。風のある時には比重がありもってこいのラインだ。リーダーは根ズレに強いパワーリーダー FC2.5号、リールはヴァンキッシュC3000を用意した。

日中の陸っぱりエギングゲームで1kg超え含めてアオリイカ3尾好捕当日のタックルとエギ(提供:TSURINEWSライター野中功二)

3.5号のエギで潮目を狙う

曇天ということもありケイムラからスタートだが、水温はなんと足下で13度。やる気のあるアオリイカならと、EZ-Qキャスト喰わせ3.5号を沖に向かいファーストキャストする。

ラインテンションを張るがウネる波に安定しない感じが手に伝わる。1投で見切り、アオリーQ3.5号ケイムラオリーブを装着。エギ回収時には水面にベイトが確認でき、回収のエギを唇に当て確認したところ暖かかった。

日中の陸っぱりエギングゲームで1kg超え含めてアオリイカ3尾好捕海面とロッドティップ(提供:TSURINEWSライター野中功二)

2投目でイカ登場

沖を見ると「潮目」が確認できた。丁度、潮目の付近は沖の地形変化があり落ち込む場所付近、チャンスと思いロングロッドの特性の1つであるロングキャストで潮目付近と地形の変化付近を狙った。

フォールをカウント20付近で底としアクション開始。ショートジャークを7回してテンションフォール。右からの風で若干膨らむラインが「ピーーーン」となる。おおお……と思い、サオを立てると、何とも言えない違和感が手に伝わる。アワせると「ヌシ!」という重量感で掛かりどころもよく、2投目で1匹と初イカをGETできた。

日中の陸っぱりエギングゲームで1kg超え含めてアオリイカ3尾好捕1匹目のアオリイカ(提供:TSURINEWSライター野中功二)

釣り人の欲で、再度同じ付近にキャスしアクションすると、2セット目で2匹目がとれた。

次のページでキロアップのアオリイカ登場!!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。