ティップランエギングで1kgオーバー頭にアオリイカ3匹キャッチ

ティップランエギングで1kgオーバー頭にアオリイカ3匹キャッチ

1月3日は佐賀県唐津市肥前町大浦より出船のきずなまりんにお世話になり、初釣りティップランエギングに行ってきた。タフコンディションでアタリのない時間が長かったが、集中力を絶やさずキロアップ頭に3匹をキャッチした釣行をリポート。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

Avatar photo TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

ティップランエギング

当日は2号艇。安井船長、濱口船長に新年のあいさつをして午前6時30分に出船した。ポイント到着。魚探の水温を見ると15度もある。先週の5度がウソのようだ。御神酒をまき、いざエギ投入。水深約20m。あまり風がないのでエギ王TRのみ。

船中、ぽつりぽつりと小型だがアオリイカが上がっている。トモの同船者に良型がヒットした。ドラグが鳴っている。海中より姿が見えた。色が違う。白光している大型コウイカだった。あまりのデカさに濱口船長もビックリ。コウイカが釣れるということは潮が良くない。しばらく釣ったが、誰もアタらない。

ポイント移動。少し走るとのこと。風が出てきたのでTRシンカー10gを装着。同船者にヒットした。だが、またコウイカだった。船長も苦笑い、お手上げ状態。

渋いなか待望の本命

午後1時、ポイント移動。水深約25m、少し沖めのポイント。先ほどのポイントより風が強いためシンカーを20gにチェンジ。着底後、5回シャクってステイ。なんとなくだが流れが変わった気がした。再度シャクろうとしたらアタった。

本当に長かった。この時間までノーバイト、何度も心が折れそうになった。700gのオスの個体。タフコンディションの時、価値ある1匹とよくいうが本当に嬉しい1匹だった。

キロアップも浮上

30分後、再びアタった。アタリは小さい。フッキング成功。時折出るライン、いい重量感。1kgアップキャッチ。その後、300gをキャッチし納竿時間を迎えた。

ティップランエギングで1kgオーバー頭にアオリイカ3匹キャッチ価値ある1尾(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉川徹)

船中はもちろん全員安打。1kgアップを頭に300gくらいまで。一時はどうなるかと焦っていたが、集中力を絶やさず頑張って良かったと心から思った。テクニカルな冬場のティップランエギング、掛けた時の嬉しさは倍増だ。

<週刊つりニュース西部版APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
きずなまりん
出船場所:大浦浜漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年1月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。