『のべ竿』での堤防メバル釣りで良型含め連発 夜明け前にヒット集中

『のべ竿』での堤防メバル釣りで良型含め連発 夜明け前にヒット集中

愛知県・南知多町の豊浜新堤に調子がいいらしいメバルを狙って足を運んだ。夜明け前の短い時合いだったが、良型を交えたダブルヒットもありのべ竿の釣趣を堪能できたので、その模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

豊浜新堤でメバル釣り

今年の初物は調子がいいらしいメバルと決めて1月10日、愛知県・南知多町の豊浜新堤に足を運んだ。

当日は祭日だったが午前4時に出発、40分ほどで豊浜新堤に到着すると、相変わらずマイワシフィーバーで釣り桟橋は釣り人だらけだ。その横を通ってメバルポイントへ行くとメバル釣り師が2人いたが、いつものポイントは空いていた。

『のべ竿』での堤防メバル釣りで良型含め連発 夜明け前にヒット集中ポイント図(作図:週刊つりニュース中部版APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

タックルを準備し、モエビを付けて沖を狙って送り込む。着底したら根掛かりに注意しながら誘いを掛ける。まだ時合いではなさそうだが頻繁に誘いをかけていく。いつ突入するか分からないが早くきてほしい。

幸先よく本命顔見せ

午前5時20分、アタリは突然やってきた。上下の誘いを入れた途端にプチッとサオ先が揺れ、スーッとサオ先が海中に突き刺さる大きなアタリが飛び出た。これは良型の引き込みだ。焦らずサオを立てるだけでガッチリハリ掛かりに持ち込んだ。グイグイと11mのサオが曲がる。この引き込みがたまらない。メバル釣りの良さはこれに尽きる。

『のべ竿』での堤防メバル釣りで良型含め連発 夜明け前にヒット集中タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

ゆっくりサオを立ててラインを手にした。ここからゆっくり手繰り寄せてくると、大きな目を見開いた良型のメバルが堤防に上がった。身に染みる寒さを我慢していると、こんなサイズが釣れるから楽しい。

良型メバル続々

まだ続くはずだ。手返しよくモエビをハリに刺して投入といきたいが、こんなときは老眼の目が情けない。昔はこんなことなかったのに……。思わずつぶやいてしまう。

四苦八苦しながらモエビを刺して投入。まだまだ時合いの真っただなか、投入して底取りができた途端にサオ先がギュ~ンと大きくお辞儀した。これまた良型のメバルのあいさつだ。先ほどと同じ良型を追加した。

豊浜は時合いが短いので早めにサオを振り込みたい。そして連続ヒット。上げ潮の潮の動き始めに良型が続くのに驚く。まだいけるか?モエビは小さめを選んで再投入。ドスンとなかなか強い引き込みでサオが大きく曲がるアタリが出た。これはすこぶる良型のメバルだと思っていたが、17~18cmのダブルヒットだ。

次のページで腹パンのダブルヒットも!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。