磯フカセ釣りで40cm超え頭に良型クロ2桁釣果 好ゲストにイサキとサバ

磯フカセ釣りで40cm超え頭に良型クロ2桁釣果 好ゲストにイサキとサバ

鹿児島甑島・里の磯へフカセ釣りに出かけた。暗いうちはサバにイサキ、日が出てからは40cm超え含みクロが連発となった釣行をお届け。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

寒グロ釣りシーズン盛期

甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の磯で、寒グロの食いが活発だ。1月5日に釣行した時の様子をリポートする。

里の寒グロは例年12月ごろからがシーズン。オキアミ生をエサにしたフカセ釣りで、30~40cm級の数が望め、時折45cmほどの大型が交じる。

磯フカセ釣りで40cm超え頭に良型クロ2桁釣果 好ゲストにイサキとサバ広域略図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

まずは電気ウキ仕掛けで開始

この日は午前5時半ごろに近島に渡った。夜明け前は電気ウキ仕掛けでサバやイサキを狙い、夜が明けてからクロを狙う計画だ。

まずは電気ウキ仕掛けを用意。ウキは落下衝撃に強いLFスマート、ハリはフトコロが広く、すっぽ抜けしにくいザ・ロックを選択。3ヒロほどのタナを取り、サオ下から探ってみた。

磯フカセ釣りで40cm超え頭に良型クロ2桁釣果 好ゲストにイサキとサバ当日の仕掛け(作図:TSURINEWSライター松田正記)

良型サバとイサキ

その3投目だった。ウキが突然横走りし、サオ引きのアタリが出た。魚は沖にグングン走ることから、青物と確信。慎重に相手との距離を詰め、タモに収めたのは50cmを超す大型のゴマサバだった。2尾目に期待したが、アタリはなく、空が白み始めた。

そろそろクロ釣りに変更しようかと思った時、ウキが勢いよく消えた。軽いやり取りの末に姿を見せたのは40cmほどのイサキ。立て続けに35cmほどを追加したものの、イサキの魚信は急に途絶え、夜明け前の時合いは終わった。

磯フカセ釣りで40cm超え頭に良型クロ2桁釣果 好ゲストにイサキとサバ大型のゴマサバキャッチ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

クロ釣りにチェンジ

次はクロ釣りにチェンジ。電気ウキの灯りを消してハリスとハリだけを小さくし、瀬際を攻めた。2~3投してもアタリはなく、さしエサが残る。

タナをサオ1本ほどまで深くすると、魚信は出るものの、チモト切れのバラシが相次ぐ。どうやらイスズミのようだ。そこでタナを1ヒロ半と浅くし、〝待ちの釣り〟を試した。

次のページで浅ダナ狙いが的中してクロ連打!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。