冬の海水温度からターゲットを見極める アジとメバルは12度が基準?

冬の海水温度からターゲットを見極める アジとメバルは12度が基準?

冬になり寒くなるとともに、海水温が下がってきます。それぞれの魚には適水温というものがあり、一般にあまり冷たい海では魚の活性は高くありません。今回はアジ、メバルの適水温というものを知り、厳冬期のライトゲームの立ち回りを考えてみましょう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジとメバルの適水温

早速ですが、アジ、メバルの適水温は次のとおりです。

アジ:15~24℃
メバル:14℃

あくまで適「水温」なので、気温とは少し違います。水温の情報は地域の海ごとにどこからか発信されているので、それを見てみるといいでしょう。ちなみに、筆者は大阪湾の釣り人で、泉南の情報源を頼りにしています。

適水温はアジ、メバルが回遊しやすい海ということもできます。つまり、釣れやすい。どちらも越冬する魚なので適水温を外れた海でも必ずどこかにいるわけですが、アジは一部の居着きの群れを除いて沖に出てしまいます。

メバルはその点、波止などでは厳しくなりますが、岩礁帯など根魚のホームでは、わりとどんな季節・水温でも出やすい魚です。

冬の海水温度からターゲットを見極める アジとメバルは12度が基準?寒い海でも岩礁帯で良型メバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジは特に水温に敏感

アジ、メバルのうち、水温に特に敏感なのはアジです。

アジは、人間の感覚にたとえると、1℃を4℃に感じるという説もあります。つまり16℃で安定していた海が、ちょっと冷えて15℃になったとすると、その日はアジの感覚としては4℃激寒になったということです。実際、1℃くらい水温がガツンと下がると、適水温の中でもかなり釣れにくくなります。

冬の海水温度からターゲットを見極める アジとメバルは12度が基準?寒がり、暑がりのアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ただ筆者の感覚でいえば、密度はともあれ常夜灯下などそもそもアジが入りやすい場所に群れの回遊さえあれば、水温13℃くらいまでは何とか食ってきます。最近はどちらかといえば、冬よりも夏場や初秋のアジの方が釣りにくい印象です。おそらく温暖化の影響で海水温が上昇しているからでしょう。

メバルは14℃周辺

メバルもなかなか適水温にうるさい魚です。14℃くらい。

メバルは必ずしも寒海性の魚ではないのですが、そもそも警戒心が高く、目が利く魚なので、カサゴやソイなどと比べてどちらかといえば釣りにくいのでしょう。しかし、水温が下がると、その目のよさをいかして、他の魚の活性が下がる中、じょじょに表層にせり上がってくるという感じです。

筆者の印象としては、16℃くらいと、多少高すぎると、冬のメバリングはまだ開幕しきらないかなと思います。釣れても、小型がどうしても増えてしまいます。

冬の海水温度からターゲットを見極める アジとメバルは12度が基準?開幕したばかりのメバルは小型になりがち(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ルアーフィッシングが壊滅的になりがちな冬のショアの海で、唯一の釣り物がメバルと言えますが、そのメバルも厳冬期は本当に苦労します。水温が10℃近くなると、かなり難しいと覚悟した方がいいでしょう。2月3月くらいは特にきついです。なるべく12月までに釣りきってしまうべきです。

本格的な厳冬期、たとえば2月で夜の気温が0℃近いときには、夜よりも、デイゲームの方が釣れることもあります。ボトムをダートさせて打つのがコツです。

次のページでは見切るタイミングと冬の時合いについて

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。