バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカ

バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカ

昨年の12月中旬、三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄で釣行。狙いはバチコンの大アジだ。目標の40cmオーバーは釣れなかったが、30Lのクーラー満タンで、満足の釣果となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

フィッシング光栄でバチンコアジング

昨年の12月中旬、三重県・紀北町紀伊長島三浦のフィッシング光栄に、釣友の川中さん、松井さん、私の3人で釣行。狙いはバチコンの大アジだ。

午後4時ごろにフィッシング光栄がある三浦港に到着。早速支度を済ませて船長の佐々木さんに状況を聞くと、この間は40cmオーバーが釣れたと話してくれた。4時半に三浦港を出船。ポイントまでは30分ほどで到着した。

集魚灯がついて魚が集まってくるまではしばらく辛抱。3日前にジギングでハマチが釣れたらしいので、薄暗いなかアジが集まってくるまでは釣れたらラッキーとジギングやタイラバをやってみたが、反応は得られず。

7時ごろには明かりが効きだし、ケンサキイカ(アカイカ)が水面に漂ってきた。

バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカバチンコタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

30cmアジ連続ヒット!

沈黙を破ったのは川中さん。「キタよ!」とサオを曲げている。この日のファーストヒットは、30cm弱のアジだ。続けて私にもアタリ。25cmほどのアジだ。アジが集まり始めたようだ。

さらに私に連続ヒット。30cm前後が上がってきた。川中さんは25~30cmをダブルで釣り上げている。

バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカ川中さんアジのダブル(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

バラシで苦戦していた松井さんにもようやく待望のヒット。ロッドがめっちゃ曲がっている。これは大きそうだ。上げてくると、アジとサバのダフルだった。

バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカサバとアジのダブル(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

上層にはサバが集まっており、フォール中に時々ヒットして邪魔をする。

イカメタルでイカ狙い

私はイカのお土産をと、イカメタルにチェンジしてイカを狙う。するとすぐに反応があり、おいしそうなケンサキイカをゲット。

バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカイカメタルではアカイカ(ケンサキイカ)(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

さらに2匹追加し私にイカが釣れたのを見て、松井さんもイカメタルに仕掛けを替え、ケンサキイカとスルメイカを釣り上げた。

さらにフォール中のイカメタルのスッテにサバフグもヒット。釣れたアジを泳がせると、スルメイカが釣れて船内は大忙しだ。

バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカイカメタルではスルメイカも(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

ボトム狙い38cmの良型アジ

あとは目標の40cmオーバーの大アジが釣れたら御の字。サイズアップを狙って底付近に狙いを絞り誘い続けるとアタリ。ドラグがジジーッと鳴る。これはデカそうだ。水面に上がってきたのは40cmには満たないが、38cmの良型アジだった。

さらに底付近を攻め続けるとアタリ。これもデカそうで、ドラグがうなる。上がってきたのは同サイズのアジだ。

バチコンアジングで38cm頭に良型アジ続々 好ゲストにケンサキイカボトムを狙って最長寸の38cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

次のページで最終釣果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。