海の陸っぱり釣りでよく使う「ジグヘッド」入門 代表的3タイプを紹介

海の陸っぱり釣りでよく使う「ジグヘッド」入門 代表的3タイプを紹介

ジグヘッドはオモリとハリを一体化させたもので、さまざまな釣りで活躍します。今回はジグヘッドにどのようなタイプがあるかについて紹介します!

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

Avatar photo
無道寺辰哉

伊豆エリアを中心にソルト・リバー・レイクのフィールドを釣り歩いています。青嵐ルアーフィールドスタッフ。

×閉じる

ソルトルアー ショア

シングルフックのジグヘッド

シングルフックのジグヘッドは、フックが一つなので根掛かりしづらいです。大小あるので、ターゲットの口の大きさに合わせて選べます。

メバリングでも大活躍のジグヘッドは、ゆっくり落ちていくようにオモリが小さく軽いもので、長めのフックがついたものを用いられます。

メバルは口が大きいのですが、警戒心が強く一気に丸呑みせずに一度くわえて吐き出す習性があり、その瞬間にフッキングできるように長めのフックが好まれます。

アジングでは、アジの口のサイズに合う専用の小さなシングルフックがあります。しっかりとくわえ込むまで早アワセは厳禁です。

人気の「VJタイプ」

「VJタイプ」とは、魚の形をした滑らかに動く今までにないジグヘッドになります。

海の陸っぱり釣りでよく使う「ジグヘッド」入門 代表的3タイプを紹介VJタイプ(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

VJ=バイブレーションジグヘッドの略で、小魚のようなシャッドテールワームと合わせることでリアルな動きを演出するのが特徴です。

有名なのは「コアマン」が発売しているもので、ルアーマンからの人気が後押しして多くのメーカーが同様の形状のものを発売しています。

フィッシュイーター全般に使えますが、シーバスやフラットフィッシュに多く用いられています。

ブラクリもジグヘッドの一種

ブラクリとは、オモリやハリ、ハリスが一体の独特な形状をしているジグヘッドの一種です。

海の陸っぱり釣りでよく使う「ジグヘッド」入門 代表的3タイプを紹介ブラクリ(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

あらゆる釣り方に向いている「ソロバン型」水の抵抗が少ない「ナツメ型」転がりやすい「丸型」ひらひら落下する「ブラー型」があります。

使うときに向いているエサはエビ、ゴカイ、フナムシなどです。釣れる魚はカサゴ、メバル、アイナメなど多数あります。

ジグヘッドはどこでも活躍するので、常に用意しておきましょう。

<無道寺辰哉/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。