初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギング

初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギング

年始に夜釣りデビューをする方や、釣り初心者を連れて釣行する予定がある方にオススメの釣りがある。安全な漁港で・ワンタックルで狙えるメバルとヒイカ(ベイカ)だ。今回は少ない荷物で遊べる二刀流の釣りを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターNoni)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

ソルトルアー ショア

釣り方解説

メバルの釣り方は、ジグ単リグを投げてゆっくり巻くだけだ。着水してから沈めてやる「カウントダウン」や巻きスピードに変化を持たせてやり、その日釣れるパターンがつかめればGood。

ヒイカの釣り方は、常夜灯周辺でエギをチョイ投げし、底まで沈めたらチョンチョンとシャクりながら巻いてくる。釣れなくても早々と回収してはいけない。エギが見えるようになったら後方にイカが居ないかを目視する。見えていても釣れない時にはエギが見えるか見えないかくらいの深さのところでエギをステイさせてみて、エギが不自然な動きをしたら合わせる。

あまりにも反応がなければメバリングに切りかえる。ルアーチェンジだけで全く別の釣りができるのは二刀流ならでは。

二刀流ならではの注意点

ワンタックルで釣りに臨む際、気をつけたいこともある。それは『ライントラブル』だ。最近はPEラインが主流となり、昔ほどイト絡みは起こらなくなったと感じるが、逆に起こってしまった時には復旧が困難なケースも少なくない。他のタックルを持たずに現場に居るため、そうなってしまうと強制終了となる。

解決するための「裏ワザ」として、スペアスプールがある。ケースに入れて、荷物に忍ばせておけば役立つ時がくるかもしれない。

初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギングスペアスプール(提供:TSURINEWSライターNoni)

メーカーホームページで互換性のあるスプールを調べることができるので、下位機種の安い適合スプールを入手するのも有効だ。

まとめ

今回は、初心者でもお手軽に楽しめる二刀流の釣りとして、メバリング&ライトエギングを紹介した。お友達やご家族を誘って近くに漁港に出掛けてみてはいかがだろうか。

<Noni/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。