初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギング

初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギング

年始に夜釣りデビューをする方や、釣り初心者を連れて釣行する予定がある方にオススメの釣りがある。安全な漁港で・ワンタックルで狙えるメバルとヒイカ(ベイカ)だ。今回は少ない荷物で遊べる二刀流の釣りを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターNoni)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

ソルトルアー ショア

二刀流釣法の長所短所

二刀流釣法の最大のメリットは、持ち歩くタックルがひとつで済む手軽さだ。ツータックル持ち歩く場合、ロッドスタンドの付いたタックルボックスを持ち歩くことが多いが、ワンタックルなら小型のバッグでこと足りる。また、ひとつのターゲットがダメでももう一つ、比較的釣りやすいターゲットを視野に入れておくことで、ボウズを回避できる。

一方でデメリットもある。現場で予期せぬ大物の存在を知った時になす術がないことだ。今回のタックルでよくあるのは、シーバス(スズキ・セイゴ)がボイルしているシチュエーションだが、か弱いタックルでは手が出せない。

タイムスケジュールの組み方

潮の動きがある方が釣りやすいメバルに対して、ヒイカは神出鬼没で潮よりもシーバスなどの捕食者が入っているかどうかに影響を受けやすい。

例えば干潮の夕マヅメから釣行を開始し、夜中の満潮へ向かう潮であれば、まずはメバルから開始して、潮止まりやアタリの減少を感じたら、常夜灯周辺でヒイカを狙うようなイメージだ。

おすすめのポイント

初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギング常夜灯のある漁港(提供:TSURINEWSライターNoni)

初心者でも安全な釣り場の代表は漁港だろう。ただし、近年釣り禁止の漁港も増えているのであらかじめ釣具店などでチェックをしておきたい。漁港の中でも、外向きが潮通しがよく、内向きには常夜灯がいくつかあるようなポイントが最適だ。

タックル紹介

初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギングタックル例(提供:TSURINEWSライターNoni)

タックルは一般的なメバリングタックルでいい。ラインはPEライン0.6号程度にリーダー1号前後を簡単なノットで結束しておく。

メバル狙いは1~2g程度のジグ単(ジグヘッド+ワーム)をベースに用意し、ライトエギングでは1.5~1.8号のエギを数本用意する。あとは小型のクーラーボックスがあればいい。

初心者にこそオススメの『リアル二刀流』:メバリング&ライトエギング小さなルアーボックス2つでOK(提供:TSURINEWSライターNoni)

次のページで釣り方と注意点を解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。