ハイエンドリール購入時の考え方 「一生の趣味でたかだか10万弱」

ハイエンドリール購入時の考え方 「一生の趣味でたかだか10万弱」

リールのハイエンドモデルといえばスピニングならばステラやイグジストが有名だ。名前からも高級感漂うフラッグシップモデル。「いつかは……」と憧れているあなたの背中を今押したい。いつ買うか?今でしょ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

ハイエンドのリール

スピニングリール界の王者的存在「ステラ」は定価8万円くらいだろうか。釣具店では多少値引きされた価格で7万円くらいで見ることもある。まずはそれくらいの額だという認識を持ちたい。

買うか買うまいか?悩むポイントはいくつもある。まずはお金の面。「そんな高価なリールが私の釣りに必要だろうか?」そして年式の面「もうすぐで最新版が出るんじゃないか?」などなど。ミドルクラスくらいならわりと簡単に乗り換えられるのだけれど、なかなかハイエンドとなると、失敗したくない気持ちも含めて、決定が難しい。

あなたの背中を押します

そこでハイエンドモデルが気になっているあなたの背中を押したい。

前もって断っておくと私は最高級機種を使ったことはない。アジング用に5万円のハイエンドリールを使っているが、ステラやイグジストクラスとは少し違うことはあるかもしれない。ただ必ずしもこの二大機種がすべての釣りに適するわけでもないので、そのあたりは後述する。

次の3つの理由で、ハイエンドにもっと気持ちが傾くはずだ。

1、一生の趣味でたったの7万円

レクサス。いつかはクラウン。車は1000万円だ。服ならば、鞄とか、よく知らないが30万円とかするのだろうか?100万もありそうだ。なかなか庶民の感覚では手が出せない。

しかも車はリスクがあり、服にも飽きと流行り廃りがある。「あのお金で何が買えただろうか?」といつか思うこと必至だ。

しかし、釣りは生涯の趣味に値するものである。その手元を、たった7万円で一等のものにできる。トップクラスのリールはそうそう壊れない。まず壊れない。というか今のリールは入門モデルでも壊れない。誤差だけは出てくるがメンテナンスで埋められる。

たったの7万円で一生の趣味が買える。なんと恵まれたことだろうか。

ハイエンドリール購入時の考え方 「一生の趣味でたかだか10万弱」お店で巻き巻き、検討中(提供:TSURINEWSライター井上海生)

2、リセールもいい

年式の問題はこう考える。「リセールもいいのだ」と。

事実昔のステラなどはフリマサイトで見てみるとまったく往時と遜色しない価格で売られていたりする。入門機種ほど値段が下がりやすいものだ。

ハイエンドリール購入時の考え方 「一生の趣味でたかだか10万弱」入門機種は値段が下がりやすい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ハイエンドは年式ごとに価値があり、リセールバリューが下がりにくい。今のステラはもう在庫分以外買えないという話も聞いた。つまり……と勘繰りたくもなるが、リセールを考え含めても今からでも買いだ。難しいのは、モデルチェンジで、それこそ自分の釣りに合う設定で出てくるのかだが、そこばかりは大手メーカーは絶対にリークしないのでわからない。

リークについて付け足すと、ハイエンドのニューモデルの前情報は、釣りプロの最新動画を見ろと言われる。プロや協力アングラーの手元には、一足早くハイエンドモデルが渡されテストされているらしい。その道のプロたちが使っていたら、ニューモデルの発売が近い。

3、無上の使い心地

筆者はアジング用に最上位専門機種とまでいわれる5万円のリールを使用しているが、これはバラシ低減に本当にすごい効く。リールで釣れるわけではないが、リールでバラシは少なくとも減る。

バラシが命取りのルアーフィッシングでは、やはりハイエンドならではのドラグ性能が欲しい。デザインは好きずきだが、心臓部とドラグに関しては無上の世界だ。

次のページでは選ぶ際の注意点を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。