【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?

【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?

シーバスゲームは日本全国で人気の釣りなだけあり、専用ルアーもたくさん発売されている。ありがたいことだが、値段がお高めなのも事実。今回は1000円以下のお手頃ルアーを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

シーバスルアーは高額

シーバスに限らず人気ルアーはけっこうなお値段がする。根掛かりでもしようものなら、どんなことをしてでもでも取り戻したくなってしまう。

特に障害物の多い場所などは根掛かりを恐れて、思い切って攻められなくなる。無論、タックルやリーダー、キャストを工夫すれば回避出来るが、こちらもお金や時間が掛かる。

ワームも基本は軟らかければ軟らかいほど釣れるが、軟らかいワームは刺し直したりシーバスが暴れると、それだけで壊れる。あっという間に1袋使い切ってしまう。

そこで今回は、主に河川でのシーバスフィッシングを対象に、1000円以下で買えて、無くしにくく、強く、しかも季節や場所によっては納得の釣果を出せるであろう、ルアーとワームを筆者の独断と偏見で紹介したい。

13-nut(ビーナッツ)

このルアーは元々メバル用に開発され、メバルを確実に仕留める技術が詰まったメバルハンターとも言うべきルアーだ。価格は税込み990円で、カラーバリエーションも豊富だ

【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?ビーナッツ(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

この小さなボディからは想像も出来ないキビキビとした、小魚が悶えるような動きをする。当然、この動きに魅了されるのはメバルだけではない。シーバスやクロダイにも有効。特に春先から初夏にかけてのマイクロベイトパターンのシーバスには効果絶大だ。

【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?ビーナッツ丸呑み(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

風に弱い弱点はあるが、それでも近距離戦なら十分な飛距離が出るし、何より水深数cmの激シャローでも、牡蠣殻が群生する河川でも問題なく使える。

【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?クロダイも好反応(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

フローティング(40mm、2.3g)、サスペンド(40mm、2.4g)と種類があり、まず無くす心配がない。小さいが、何とも頼もしいルアーだ。どちらを使っても釣れるので、シーバスはもちろん、メバルやクロダイ狙いの方にもぜひともおすすめしたい。カラーはマッドブルーか琥珀が筆者のおすすめだ。

ジグパラブレード(3g、5g、7g)

こちらは小型のバイブレーションだが、価格も3g、5g、7gと税込み600円前後で買えてしまう、ありがたいバイブレーションだ。このバイブレーションの凄い所は、魚種問わず釣れてしまう所だ。

【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?ジグパラブレード(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

シーバス、クロダイ、マゴチ、メッキ、ナマズにも使える。要するに何でも釣れてしまうのだ。アクションもブリブリと手元に伝わりやすく、ビギナーでも使いやすい。

【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?ジグパラでシーバス(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

フックは変えても良いが、そのままでも問題なく釣れる。しかも一年中使える所も嬉しい。万が一無くしてもこの価格なら買い足すことも容易だろう。根掛かりの多い所でもこれなら思い切ってボトム(底)を探れる。まさに、バイブレーションプラグの入門にもってこいだ。

【1000円以下のおすすめシーバスルアー3選】 値段と釣果は比例しない?ジグパラで小マゴチ(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

カラーはどのカラーでも釣れるし、筆者は、塗装が剥げても、ぶつけて先が潰れても問題なく釣れた。むしろ使い込んでボロボロになった方が釣れる時もあるくらいだ。ぜひとも使い倒してみてはいかかだろうか

次のページは「安価」で「丈夫」なワームを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。