簡単&格安【ブロックアンカー自作方法】 ボートロックゲームに効果抜群

簡単&格安【ブロックアンカー自作方法】 ボートロックゲームに効果抜群

ボートからのロックフィッシュゲームにおいてアンカーを打つ際に怖いのが、アンカーの根掛かりロストである。高価なアンカーを岩礁地帯でロストするのはかなりの痛手だ。そこで簡単・激安に作れて、なおかつロストしずらいブロックアンカーを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

その他 お役立ち

ボートロックゲームの特徴

冬のライトシャローゲームの狙いはカサゴ!他にもメバル、タケノコメバル、ソイなどがボートからのロックフィッシュゲームで狙う魚種である。

名前からも想像できるように、これらの魚が好む海底地形は岩礁帯で、人工の捨て石や磯を攻めることが特徴だ。

手前船頭で根魚を狙う際の問題点

ロックフィッシュはボトムを取りながらのスローな釣りであるため、ボートも同様にスローに流さなくてはならない。そのため強風時や潮の流れが速い時は、船長がずっと操船しながら釣りをしなければならない。

簡単&格安【ブロックアンカー自作方法】 ボートロックゲームに効果抜群破損に注意したいペラ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

また、シャローエリアの岩礁帯なので、船を気ままに流していると岩礁帯にぶつかる危険性もある。ペラが破損したりする危険性もあるのだ。

そんなわけで、手前船頭でこの釣りを楽しむには、流し釣りよりもアンカーを入れて船を固定してしまうカカリ釣りがおすすめだ。

アンカーのメリット&デメリット

簡単&格安【ブロックアンカー自作方法】 ボートロックゲームに効果抜群集中できれば釣果は確実?(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

アンカーを使うメリットは、なんといっても操船要らずなので船長も釣りに集中できることが挙げられる。

一方でデメリットとして、広範囲を探れない、岩礁帯にアンカーを打つ場合にアンカーが引っ掛かってロストしてしまう危険性がある、小まめにポイントをかえるのに重いアンカーを上げる必要があるといったことが挙げられる。

次のページでブロックアンカーについて解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。