ひとつテンヤ釣りで本命マダイ好打 ジグには良型トラフグもヒット

ひとつテンヤ釣りで本命マダイ好打 ジグには良型トラフグもヒット

外房大原からの午後から出船しマダイ狙いで釣り仲間8人での仕立船。エビエサを使ったひとつテンヤをメインに、鯛ラバにSLJ(スーパーライトジギング)と、各自が好きな釣法を選択してのマダイ釣行をレポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

SLJでは良型がヒット

船中どこでもアタリがあり、左舷トモではSLJで良型本命。さらに、鯛ラバで上がったので、私もメタルジグに変更。

ひとつテンヤ釣りで本命マダイ好打 ジグには良型トラフグもヒットSLJでも良型ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

メタルジグに2kg級トラフグ

15時には一気に夕マヅメモードに突入。50gの赤金のジグをセットし、なるべく遠くにキャストして、ただ巻きで探ります。

すると中層でジグにじゃれるようなアタリがあり、フォールさせるため、イトをフリーにするとピタッと止まり、アワせた瞬間に竿が強く曲がる。本命らしくない引きで、かといって青物のように横走りもしないので、なにが掛かったのか…。

水面に現れたのは…なんと2kg級トラフグ。

ジグはテンヤに比べてアタリは少ないものの、小魚を捕食している魚を寄せる爆発力はすごいと実感。

ひとつテンヤ釣りで本命マダイ好打 ジグには良型トラフグもヒットジグに食ってきたトラフグ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

16時、イトも見えにくくなり納竿。この日はマダイ1~6尾。全員が本命を上げ、ゲストにはイナダやトラフグ。

仲間との仕立船で好きな釣法で縁起物のマダイを釣って、年末年始の食卓を豪華にしてみるのはいかがでしょうか?

<週刊つりニュース関東版 白井亜実/TSURINEWS編>

▼出船場所について
外房・大原漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年12月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。