今季初のワカサギ釣りで100匹超え 底狙いの「焦らし誘い」が的中?

今季初のワカサギ釣りで100匹超え 底狙いの「焦らし誘い」が的中?

愛知県犬山市の入鹿池に今シーズン初のワカサギ釣りに出かけたのでレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

入鹿池でワカサギ釣り

秋が終わり、いよいよ本格的な冬を迎えようとしている。冬の釣りといえばワカサギ釣り。小さなターゲットで繊細な釣りだが、老若男女問わず楽しめる。しかも結構テクニカルな部分があり釣り人の心を熱くする。

11月29日、午前中は用事があり入鹿池に到着したのはお昼ごろになった。まずは見晴茶屋の店主にあいさつして状況を尋ねる。ポイントはここ数日レイクサイド付近や灯台裏が良く、お勧めは中央イカダ付近とのこと。サイズは新子が中心で5~7cmが主体、10cmほどの2年魚も交じるらしい。魚影は濃いと聞き心が躍る。

魚影濃厚で期待高まる

時間がないので足早にボートに乗り込み出航。既に多くの釣り人が各ポイントでサオを出している。ここ数日釣果が上がっていたレイクサイド付近、前日良かった灯台裏に多くの釣り人が集中していた。

今季初のワカサギ釣りで100匹超え 底狙いの「焦らし誘い」が的中?ポイント図(作図:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

私は店主のお勧めの中央イカダ付近を目指す。ボート桟橋から中央イカダ付近へ行く間に魚探で探索したが、どこでも満遍なく魚群が映る。魚影が濃いという話は間違いない。しかし、どこでも魚群が映るので目移りして迷ってしまう。

中央イカダには既に固定しているボートが3隻いたので遠慮して、中央イカダ西にアンカーを入れた。中央イカダと灯台の中間地点辺りだ。魚群が安定して映っている。

ブドウムシで寄せる作戦

タックルは電動リール二刀流。仕掛けは0.5号と1号。オモリは7.5g。エサは紅サシからスタートした。サイズが小さいので紅サシは三分の一にカットする。

仕掛けの上部にはブドウ虫ハンガーを取り付けてブドウムシを付けた。ブドウムシはハサミで切り込みを入れてある。ブドウムシのエキスでワカサギを寄せる作戦だ。

今季初のワカサギ釣りで100匹超え 底狙いの「焦らし誘い」が的中?ポイントは中央イカダと灯台の間(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

まずは仕掛けを底に落とす。早速アタリが出るがハリに乗らない。むむ、うわさ通り手強そうだ。アタリがあるがハリに乗らずヤキモキする。何度か誘ってようやくハリに乗った。「よしっ」と電動リールを勢いよく巻き上げるが付いてない。開始早々ヒートアップ。

次のページで本命続々ゲットで5連掛けも!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。