沖堤防のショアジギングで70cmワラサ ベイトに合わせたルアーが的中

沖堤防のショアジギングで70cmワラサ ベイトに合わせたルアーが的中

近年、伊勢湾奥での青物ゲームが注目を集めている。11月3日は、そんな伊勢湾奥の沖堤防でのショアジギングでワラサ70cmをキャッチしたので、その模様を報告する。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

ソルトルアー ショア

伊勢湾奥ショアジギング概要

3年前、伊勢湾奥にマイワシを追いかけて青物が大量に回遊して、「青物フィーバー」があった。それまで伊勢湾奥でショアから青物が釣れることは滅多になかったが、その青物フィーバーがあってから、年によって個体数やサイズのバラツキはあるが、コンスタントに回遊してくるようになった。

そのため、近年はオフショア、ショアともにキャスティング(ジギング)ゲームが人気となっており、秋から晩秋にかけて多くの釣り人で賑わうようになった。

トミス渡船で霞一文字へ

11月3日、「トミス渡船」さんを利用させていただき、霞一文字へ渡った。1500円で往復できるため、とてもリーズナブルで利用しやすいオススメの渡船店である。

準備したタックルは、9.6ftのライトショアジギングロッドに、5000番のハイギアスピニングリール、ラインはPEライン2号、リーダーはフロロカーボンの30lbを使用した。

早朝5時に出船し、5時半ごろ霞一文字へと渡った。まだ周りは暗い中釣りを開始。まずはセットアッパー125S-DRからスタート。キャストしてロッドティップを下げて巻いてくると暗いうちからベイトに当たる。ベイトの反応があることはいいことであるため、やる気も増す。

そして日の出のタイミングになると、周りの人に続々とヒット。しかし1回目の回遊で自分のルアーにヒットすることはなかった。

ベイトはカタクチイワシ

ふと足元を見てみると、5cm前後のカタクチイワシの群れを発見。前情報ではマイワシがメインベイトと聞いていたためセットアッパー125S-DRで開始したが、メインベイトをカタクチイワシと断定し、ここでルアーチェンジをすることにした。

カタクチイワシパターンに対応出来る、マキッパ30gにルアーチェンジ。

沖堤防のショアジギングで70cmワラサ ベイトに合わせたルアーが的中ベイトに合わせてルアーチェンジ(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

次のページでワラサ70cmが登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。