地磯でヒラマサ狙いのキャスティングゲーム 2日連続で5kg級本命手中

地磯でヒラマサ狙いのキャスティングゲーム 2日連続で5kg級本命手中

長崎・平戸の地磯へ、友人と2人でヒラマサを求めて二日釣行してきた。両日とも朝マヅメのみの短時間勝負だ。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

地磯でヒラマサゲーム

釣行は10月下旬の二日間、長崎・平戸の地磯へ、友人と2人でヒラマサを求めて行ってきた。仕事の都合上、二日間とも朝マヅメのみの短時間勝負だ。

地磯でヒラマサ狙いのキャスティングゲーム 2日連続で5kg級本命手中当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

まずはヒラスズキ狙い

初日は午前5時すぎに到着して準備をして磯を歩いてポイントまでワクワクしながら進んでいく。運良く先行者も入ってなかったのである程度好きなように釣りができる。

ポイントに到着し、暗いうちはヒラスズキを狙ってみる。ヒラスズキが好むサラシは薄いので反応もあまり良くない。

私がヒラマサタックルに持ち替えた時、友人に目の前でバイト。サオを左右に操作したりしてヒラスズキが水面で暴れるのをいなそうとした瞬間フックアウト、惜しかった。

ハマチ級のブリがヒット

辺りも明るくなりかけてきたところでヒラマサ狙いスタート。風は北東の風が少し吹いていて海面は比較的穏やかで若干のウネリがある程度。ダイビングペンシルを遠投して狙う。さらに明るくなってきて雰囲気もよくなってきた。

ルアーの着水位置も目視できるぐらいの明るさになってきたところで同行者にハマチ級のブリがヒット。

朝の磯釣りは時合いが短いことが多い。このヒットのタイミングで集中力をグッと上げる。キャストのテンポ、投げる位置と方向を認識しながら狙っていく。

本命5kgヒラマサをキャッチ!

沖の方に潮目が確認できる。フルキャストでギリギリ届く距離。着水から3回ジャークをした瞬間水柱が上がる。ルアーが引っ張られサオが曲がり、手元に重みがかかる。サオを寝かせるようにしてアワセを入れる。さらに重くなり「乗った」。と同時にサオを立てファイト開始。

足元の磯の形状や5m先の水中にある根に注意して操作する。ある程度手前まで寄せたところで走られたくない方向へ走ろうとする。足元のオーバーハングしている方だ。そっちはダメだよと少し無理やりにサオを起こして頭をこちらへ向けて寄せ、ランディングポイントへ上げて無事にキャッチ。

普段はオフショアがメインで久しぶりの磯からのヒラマサゲットだったので素直にうれしかった。5kgのヒラマサだった。

地磯でヒラマサ狙いのキャスティングゲーム 2日連続で5kg級本命手中一日目に上げたヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版APC・末永駿也)

次のページでは29日の釣りの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。