管理池でヘラブナ釣りに人生初挑戦 2時間で7匹の好釣果に笑顔

管理池でヘラブナ釣りに人生初挑戦 2時間で7匹の好釣果に笑顔

岐阜県海津市にある朝日池へ、今回は筆者が主宰する釣りクラブのメンバーのりいさんが生まれて初めてのヘラブナ釣りに挑戦した。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

投入ごとに上達

まだ釣りは始まったばかり。次のヘラブナを手中に収めたいとエサを打ち込み、目の前のウキを集中して見つめるりいさん。そうこうしているうちにエサ付けや振り込み、アワセのタイミングなどの所作がきれいになってくるのが傍目から見てもよく分かる。

管理池でヘラブナ釣りに人生初挑戦 2時間で7匹の好釣果に笑顔振り込みも会得(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

肝心のウキにはモゾモゾとしたヘラブナが寄ってきている動き。そのまま少し待っているとツンと鋭くウキが水面に入るアタリが出る。聞きアワせるような優しいアワセで、またしてもヒットに持ち込んだ。2匹目となればだいぶ落ち着いて取り込みができるようになり、無事タモ入れに成功。

連続ヒットで7匹手中

驚くことに、その後もりいさんはヘラブナを次から次へと追加し、なんと実釣2時間で7匹手にした。初心者ながら独特な趣のあるヘラブナ釣りを心から楽しんだりいさん。次は仕掛けの準備などを自分でできるようになりたいと気合十分だ。

一期一会のヘラブナとの出会いに感謝しつつ、朝日池と長村さんにお礼を申し上げて釣り場を後にした。

今回お世話になった朝日池では、初心者のために貸し出し用のタックルもある。トイレや休憩所などの施設も充実しており、女性や子供も安心して釣りを楽しめるのが特徴だ。ヘラブナ釣りに興味のある人は、ぜひ一度問い合わせてみよう。

<週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
朝日池
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年12月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。