磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】

磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】

磯のヒラマサは冬から春先にシーズンを迎える。沖釣りに比べると釣期が短いうえ、型が小さい。しかし引きが強く、豪快なサオ曲がりが堪能できる。今回はオキアミボイルをエサにした天カゴ(上カゴ)仕掛けで狙う方法を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

ヒラマサ狙いカゴ釣りタックル

ヒラマサはエサを食ったあと、猛スピードで根に突き進む。そのため、強引にやり取りできるタックルが必要だ。サオは5号、リールは大型のスピニングを選び、ミチイト、ハリスともに12号を使用する。

磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】タックル例(作図:TSURINEWSライター松田正記)

タナは浅めを狙う

仕掛けは市販の天カゴ(上カゴ)を使い、カゴ、サルカン、ハリス、ハリの順にセット。ハリは軸太のカット真鯛がおすすめ。ハリスの長さは1ヒロ半。いわゆる、天カゴを使った全遊動仕掛けだ。

タナは深くても2ヒロまで。ヒラマサは表層近くから中層を泳ぐため、浅ダナにこだわりたい。目安としては、仕掛けが着水してミチイトをピンと張った状態が、2ヒロになる。

磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】オススメはカット真鯛(提供:TSURINEWSライター松田正記)

まきエサとさしエサ

ハリに刺すエサは1匹掛け。カゴに詰めるエサは7、8分目にとどめる。そのほうが、エサがパラパラと出やすい。詰め過ぎると、エサが出にくいだけでなく、仕掛け回収時に水の抵抗を受けて重くなる。

磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】まきエサは7、8分めに(提供:TSURINEWSライター松田正記)

裏ワザ

ちなみオキアミボイルは水に浮きやすく、海鳥のエサになってしまうこともある。そこで裏ワザ。「オキアミに海水を浸しておく」。これだけで、適度な沈下速度になる。

磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】付けエサ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

釣り方のキホン

準備ができたら、仕掛けを投入。さほど遠投する必要はなく、まずは潮目やサラシの先など、海面に変化があるところを気長に攻める。サオ受け(ピトン)を使うとラクだ。

これで何度か手返しするうちに、エサ取りが寄り、海鳥たちも集まってくる。その後、次第にヒラマサのナブラが見え始めるパターンが多い。

磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】サオ受けを使うとラク(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ナブラ見えたら全集中

ナブラが見えたら〝全集中〟し、そこに仕掛けを投げる。あとはリールのベールを開けて仕掛けを潮に乗せていく。

アタリとアワセ

魚信はミチイトがバチバチッと弾かれ、勢いよく引き出される。ここでベールを閉じてサオに乗せるのがアワセになる。「向こうアワセ」とも言う。

その直後、巻き(リール)にかかる。

ヒラマサとのやり取り

磯で釣れるヒラマサは、おおむね3kg前後が平均で、まれに5~6kgがくる。強引なやり取りが可能なのは平均サイズまで。これより大きいものは、なかなか止まらないので、無理をせずにドラグを緩めてイトを出す。

ヒラマサは根に向かってグイグイ引く。早めに根を切るのが理想だが、相手が大きくて根が粗い場所では、たちまちバラしてしまう。「出せば根にいくし、巻けばサオが折れる」ところが面白い。

磯からカゴ仕掛けで狙うヒラマサの釣り方 【タックル・エサ・釣り方】大きめのタックルで挑もう(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ヒラマサ以外にマダイやイサキ、クロなども交じる。太仕掛けに食ってくる他魚は、どれも型がいいところがうれしい。

次のページでアタリの出ないときの対処法を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。