今さら聞けない「ワーム」のキホン ナチュラル系とアピール系とは?

今さら聞けない「ワーム」のキホン ナチュラル系とアピール系とは?

今回はナチュラル系とアピール系のカラーと波動の大小を考慮して、ワームをうまく使う術について解説しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ナチュラル系とアピール系

ナチュラル系とアピール系。ワーム(またはルアー全般)のカラーはほとんどこのどちらかで、ミックスしたものもあるが、まあそれもこの二種の一つになる。魚がワームの色を見て食う・食わないがかわるか?という説もあるが、ここでは「かわる」ものとして考えよう。

ナチュラルとアピールと区別しても言わんとすることはひとつで、それは魚の目にどうアピールするかだ。アピールさせるか、シルエットを出すかどうか、とも言い換えられる。そういう意味では波動も考えなければならない。波動もアピールの一つだからだ。

ナチュラル系とは

一般にナチュラル系といわれるワームカラーはクリア系。ワームが透明に近いもの、そして魚の体色に似せたものなどもそうだ。また自然界にあるもの――と色をどうこうと説明するのも難しいので、ナチュラル系の画像を実際にいくつか紹介する。

まずはアジングのナチュラル系。

今さら聞けない「ワーム」のキホン ナチュラル系とアピール系とは?アジングのナチュラル系(提供:TSURINEWSライター井上海生)

下の真っ白のワームはソリッドカラーでアピール度が強いものでもあるが、自然界にも存在するのでナチュラルカラーに入るといえるだろう。ちなみに満月回りで一番シルエットが出やすいのも白系なので、高活性の満月回りでは白を推奨する。つまり白というのは月回りと魚のベイトによってナチュラルカラーにもアピールカラーにもなる。

続けてソルトにも流用できるバスワーム系。

今さら聞けない「ワーム」のキホン ナチュラル系とアピール系とは?バスワームのナチュラルカラー(提供:TSURINEWSライター井上海生)

いずれも特に港湾部では水色に溶け込むもので、ソルトではナチュラル系となる。特にクリアにブラウン系はかなりナチュラルで「食わせ」の釣りにはめっぽう強い。

アピール系とは

アピール系にもいろいろがあるが、ひとつは海中の自然界に滅多に存在しないカラーと定義できる。下のアジングワームなどはその好例である。

今さら聞けない「ワーム」のキホン ナチュラル系とアピール系とは?アジングワームアピール系(提供:TSURINEWSライター井上海生)

いずれも波動が大きいのも特徴で、動かしたときに尾が回ったりふにゃふにゃと動いたりする。つまりワームアクションの周りで水をかく量が多い。時化ている海や真っ暗闇の海でワームを見つけた欲しいとき、マヅメなど活性が高いときにはこれだ。

波動が大きい=アピール系とも

ワームカラーと切り離せないのが波動で、波動が大きいものほどアピールが大きい。実はワームのカラーと同様、アピール度を考えるときには、波動もその一部として考えなければならない。

ナチュラル系で徹底的にナチュラルにしたいならピンテール、ナチュラル系で多少アピールしたいならシャッドテール。アピール系で徹底的にアピールしたいならシャッドテールで波動を出す。

今さら聞けない「ワーム」のキホン ナチュラル系とアピール系とは?徹底的なアピールリグ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

下の画像のシーバスワームで言うと、クリアのピンテールのワームは典型的なナチュラル系、赤金はアピールカラーだが波動抑え目で中庸、そしてイワシカラーはナチュラル系だがシャッドテールで中アピール系となる。

今さら聞けない「ワーム」のキホン ナチュラル系とアピール系とは?シーバスワーム(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで状況別のセレクトを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。